人生の節目にジーンズを買おう。「思い出を語れるジーンズ」

ジーンズの思い出
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今日はデニム関係の情報は一休みして、ゆるりとパーソナルなお話をしてみたいと思います。

私は生活環境が変わるとか、職場が変わるなど、自分にとっての節目があるタイミングでジーンズを新調するようにしています。

そのジーンズと、人生の苦楽の思い出をリンクさせたからです。

今のところ、その取り組みは成功しています。

そんな節々のタイミングで新調して穿き込みを始めたジーンズには思い入れが強くなる傾向があります。

色落ちの良し悪しとは関係なく、穿き込み回数が増え、結果として色落ちも進み、ますます手放せない一本に成長していくスパイラルに入って行きます。

そんな私の思い出語り。

ジーンズの思い出

1996年。

レプリカジーンズに出会ったのは大阪で一人暮らしをしながら大学浪人してた時。

「カジカジ」と「BOON」の影響が全身に。

当時は心斎橋のNYLON(現リアルマッコイズの辻本さんのショップ)に良く出入りしてたので、上はNYLONのオリジナルの2ndジャケットがお気に入り。下はそれ以上にお気に入りのウエアハウス1001XX

浪人時代の1年間は、この出で立ちがは外出着でもあり、寝巻きでもありました。

安い部屋を借りて1日1食生活の極貧時代。クーラーはあったけど暖房が無い部屋だったので、冬は熱燗をチビっと飲んで体を温めて寝るという、素晴らしい時代を過ごしました。

Gジャン 2ndタイプ ウエアハウス1001XX

こんな感じに育ったジャケットとジーンズを見るたび、凍える寒気と熱燗の香りが脳を駆け巡ります。

Gジャン 2ndタイプ

NYLONのオリジナル「Gジャン 2ndタイプ」の色落ち

2017-01-02
ウエアハウス 1001XX 色落ち

ウエアハウス1001XXの色落ち研究(1996年製)

2016-03-25

長い旅に出る時も、ジーンズを新調しました。

ジーンズの思い出

二十歳のころに、ビートたけしとユースケサンタマリアが「新橋ミュージックホール」って番組をやってて、その番組内のユニットバンド「ぢ・大黒堂」ってのがあって。

その曲「友だちじゃないか」に影響されて、部活も学業もオサボリし、1ヶ月ほどかけてインドを一周しました。

その時の思い出を刻み込もうと、旅の初日からリジットで履き始めたのがウエアハウスの66モデル Lot.1100

インド人に混じって、ガンジス川でジーンズをハンドウォッシュ。

ウエアハウス 1100 66モデル

こんな感じに育ちました。

当時の1ヶ月に及ぶインド旅はシンドイという言葉以外無く、このジーンズはそんな苦楽を思い出させてくれます。

ウエアハウス 1100 66モデル

ウエアハウス Lot.1100 66モデル 色落ち

2016-12-08

旅の前にジーンズを新調することで、異国を歩き回るモチベーションが高まるのがいいところ。

ジーンズの思い出

こちらは大学卒業前に二週間ほどかけてネパールからヒマラヤ山脈をトレッキング。

その時の思い出を刻み込もうとリジットから履き始めたのがDENIMEのブラックセルビッチ66モデル

普段山登りなんてしない私でしたが、ジーンズの色落ちをさせることがモチベーションになり、10日間がっつり登り切りました。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

珍しいブラックセルビッチなので、色落ちが良いとは言えませんが、ネパールでの達成感を思い出させてくれる、大切な宝物になりました。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

DENIME(ドゥニーム)66ブラック 色落ちレポート

2017-01-11

社会人になってからは女の子にモテたい志向が強くなり、チャラいジーンズ(トゥルーレリジョンやディーゼル)なんかに浮気をしていましたが、やはりセルビッチジーンズに戻ってくる。

ダルチザン【ステュディオ ダルチザン】SD105 色落ち

香港に駐在になった際に、香港の思い出をジーンズに刻もうと現地で買ったジーンズ。

今やアジアのアメカジ界隈で有名人のBenny SEKIさんの店「Take5」で買ったダルチザンのSD-105

香港は刺激的な街で、人間的にも仕事的にも自分を大きく成長させてくれた街であり、そんな希望に満ちた自分を思い出させてくれる一本。

ダルチザン【ステュディオ ダルチザン】SD105 色落ち

ダルチザン SD-105 色落ち【ステュディオ ダルチザン】

2016-12-11

決して良い思い出だけでなく・・・人生の挫折を思い出させる一本が、こちら。

BILLIKENMAN Jeans WAREHOUSE

私が過去最高に愛しているウエアハウスの「BILLIKEN MAN」

ジーンズとしては本当に素晴らしいと思うのですが、これにリンクする思い出はかなり苦い

これは中国の広州に転勤になった時に穿き込みを開始するべく上野HINOYAで買った一本。

しかし、私にはその広州という街、仕事、環境、文化。 その全てが合わなかった。

結果、転勤から1年ほどで仕事を辞めて転職することに。 人生の停滞期。

そんな負け犬時代にも関わらず、ジーンズは立派に成長しました(^^)

BILLIKENMAN Jeans WAREHOUSE

ウエアハウスの隠れた名作【BILLIKEN MAN(ビリケンマン)】ジーンズの色落ちと細部の経年変化(WAREHOUSE)

2018-02-24

 

恋人(妻)との出会いも、ジーンズを買うきっかけに。

妻の実家のすぐ近くにフラットヘッドの直営店があるので、お付き合いを始めたことをきっかけに穿き込みを開始したのがフラットヘッド3005

フラットヘッドが大好きになるきっかけとなったジーンズです。

しかし、今はサイズが小さくて入らないという・・・

結婚前と後で体型が変わった事実を戒めてくれる一本

フラットヘッド(FLAT HEAD) 3005の色落ち研究 | AiiRO DENIM WORKS

2016-10-07

子供が生まれる時だって、当然新調。

赤ちゃん=桃太郎ってな具合に。

桃太郎の銅丹モデル。

桃太郎ジーンズ 銅丹レーベルの色落ち経過

2016-09-05

いつか家族でお揃い、穿くんや。

家族でお揃いジーンズ(桃太郎ジーンズ)。

2016-11-03

 

まとめ

節目にジーンズ買って穿き込みを開始すると良いよ!  てお話でした。

人生の節々の思い出をマーキングしてくれるアイテムって、他にあまり無いですからね。

貴重です。

ジーンズの思い出

美人なフェレットと暮らしてた。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズの思い出

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。