DENIME(ドゥニーム)66ブラック 色落ちレポート

DENIME(ドゥニーム)66ブラック
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

世間一般に言う「ブラックジーンズ」は、縦糸も横糸も、芯まで黒に染められた糸で織られた生地を使っています。

だから、履き込むことでグレーっぽくなりますが、ヴィンテージのジーンズのように白く縦落ちはしません。

そんな中、1990年代後半に

「もしヴィンテージジーンズのように、芯まで染めていない黒の縦糸を使い、横糸は白を使ったブラックジーンズの場合、どんな経年変化を見せるか?」

ということで、数ブランドがチャレンジングなブラックジーンズを作って販売していました。

そのうちの一つがDENIME(ドゥニーム)です。

ヴィンテージジーンズと同じアプローチで作られた、ブラックジーンズ。

色落ちに夢があるではないですか!?

そんな夢を求めて履き続けた私物のDENIME(ドゥニーム) 66 ブラックを今日は見ていきましょう。

DENIME(ドゥニーム) 66 ブラック 履き込みレポート

履きこみ期間3年。 洗濯回数は10回ほど。

まずは全体の様子。

フロント

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

66ということで、細身のモデルになります。

全体的に色落ちが進行しています。

バック

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

ポケットは小さめ。

膝裏のハチノスがうっすら出ています。

捻れの強い生地

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

それにしても、すごい生地の捻れ。

サイドの切り返しが、前まで来てしまっています。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

耳の跡。そこそこといったところですね。

メリハリはインディゴブルーより劣るか。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

肝心の生地ですが、元々はかなりザラ感の強い生地でした。

それもあり、3年履き込んだ結果、強い点落ちが随所に見られます。

セルビッチのデニム生地と同じアプローチで作られた生地なので、黒い糸が色落ちして白い糸の部分が見えており、確かにヴィンテージのジーンズと同じような色落ちを見せています

このあたりはメーカーの意図通りの色落ちなのでしょうが、、、

想像していたのよりも、メリハリが少ないなぁ。

黒と白の方が色味的にハッキリ対比するので、インディゴブルーよりも色落ちが目立つのかと思いきや、全体的にブラックの染料も落ち、グレーぽくなってしまっているのが要因と思われます。

きっと経糸の黒の染め方を浅くしていたのでしょうね。

DENIME 66ブラック その他のディティール

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

黄色耳。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

パッカリングが強く出ている巻き縫い部分。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

赤タブ。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

ボタン。なんかメッキっぽいのが禿げてる。 これはなんだ。。。??

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

ベルトループは中盛りではなく、平らでした。

DENIME(ドゥニーム)66ブラック

紙パッチはよくあるタイプ。

 

以上、DENIME(ドゥニーム)66ブラックの色落ちレポートでした。

ネットで検索しても、あまりこの手のブラックの色落ちのサンプルを見ることができません。

売っているブランドがあるのかすら私のリサーチ不足で不明ですが、ご参考になれば幸いです。

 

本日もご一読、誠にありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
DENIME(ドゥニーム)66ブラック

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。