スポンサードリンク
DENIME ORIGINAL LINETopics

ドゥニーム30周年記念「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」の開催、そして大阪でも。

ドゥニームのブランド設立30周年を記念したプロジェクト。旧ドゥニームのモノづくりを再現し、「ドゥニーム・オリジナルライン」として復活させようという取り組み。その発売を記念した一般向けのエキシビション「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」が今週、東京で開催されます。

Paul Smith x FULLCOUNT ジーンズTopics

【イギリス限定】ポールスミス+フルカウントのコラボジーンズ&ジャケット“2018年版”(Paul Smith x FULLCOUNT)。

2016年からイギリス限定でリリースされている、ポールスミス(Paul Smith) x フルカウントのデニムライン。同製品は日本未展開のため、なかなか手にする術・目にする術は現状ありませんが、その続編となる2018年版がイギリスでリリースされています。本日はその詳細を見ていきましょう。

レッドウイング 【8818】 6-INCH CLASSIC MOCTopics

革のコンビネーション使いが秀逸。海外限定モデルのレッドウイング【8818】 6-INCH CLASSIC MOC(6インチ クラッシックモック)。

海外のレッドウイング(USA / ヨーロッパ)が2018年秋冬のシーズンにて、限定モデルをリリースしました。そのモデル名は【8818】6-INCH CLASSIC MOC(6インチ クラッシックモック)。日本未発売。しかも、海外でも「限定リリース」。本日はその詳細を見ていきましょう。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸オリジナルジーンズを創る

烏城物産の縫製糸から、デニムシャツに採用する糸を再考中。

オリジナルジーンズ:Cherokeeでは、ヴィンテージのような自然な退色(色落ち)を見せる「烏城物産の綿糸」を選びました。現在企画を進める半袖デニムシャツでもこの烏城物産の糸から選びますが、採用するデニム生地の再考を視野に入れる中でこの縫製糸も再考の必要があります。本日はそんなお話。

ウエアハウス セコハンシリーズTopics

マジか…!ウエアハウスの超絶クオリティの古着加工モデル『セコハン』シリーズ、技術を支えるのは「レーザー加工」。

今、ジーンズブランド各社が出している「古着加工モデル」のジーンズの中でも、頭一つ飛び抜けたクオリティを実現したウエアハウスの「2nd hand」、通称「セコハン」シリーズ。その加工技術の秘密が今月のヘイルメリーマガジンの特集にて明らかにされていました。


スポンサードリンク
スポンサードリンク