コンバースUSAの傑作チャックテイラー・オールスター「CT70」と、それが日本で買えない残念な事情。

コンバース オールスター CT70
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

日本では生誕100年を迎え、新たな100年へ向けて一歩を踏み出したコンバースのオールスター。

さてこのコンバース。

私たちが日本国内で目にするのは「コンバース・ジャパン」のもので、

いわゆる「本家のコンバース(コンバースUSA)」とは別物です。

さらに言えば・・・コンバースUSAの商品は、日本で販売されていません

何と、輸入して販売することもできません

よって、どんなに良い品揃えのセレクトショップに行ったとしても、

コンバースUSAの商品を日本でお目にかかることは、ほぼありません。

その事情に関しては記事後半でお話ししますので、興味ある方は読んでみてください。

で、本家=コンバースUSAには、現行で買える傑作モデルがあります

それが【Chuck Taylor All Star ‘70】

コンバース オールスター CT70

・・・通称【CT70】です。

外見よし、履き心地良し、価格良しのパーフェクトスニーカーです。

何の、どこが素晴らしいのか??

コンバースジャパンのオールスターと違う箇所を中心に、お話ししたいと思います。

Chuck Taylor All Star ‘70(CT70)

CT70とは?

コンバース オールスター CT70

CT70とは、本家『CONVERSE USA』が企画する、1960~70年代のチャックテイラー(オールスター)の復刻です。

これが、クオリティが高い上に、お値段が手頃

カラバリも結構出てます。

コンバース オールスター CT70

こちらは私の私物のCT70。

LT GREEN、通称「ティファニーカラー」のCT70です。ベトナム製。

CT70の外観

コンバース オールスター CT70

【CT70】は日本で販売されているチャックテイラー(オールスター)と、そもそもの木型=シェイプが違います。

日本の場合、どちらかというとつま先側にボリュームがあるシェイプですが、

CT70は足の甲の部分にボリュームを持たせた、ラグビーボール型の形状になっています。

つま先のラバーのトゥキャップも小さめで、日本版よりも若干スマートに見えるシェイプです。

コンバース オールスター CT70

特徴的なのは、このソール。

ソールのカラーがクリーム色で、さらにツヤがある素材を使っています。

ここがヴィンテージの復刻らしいディテールです。

日本の現行オールスターは、真っ白で、つや消しのラバーですから、

ぱっと見でも全然違う印象になり、目立ちます。

コンバース オールスター CT70

そして、このアウトソール。

日本で販売されているものよりも、約5mmほど分厚いのです。

見た目にもボリュームがあるため、シューズの存在感があります。

そして、このインソールが、非常にクッション製が良い。。。

日本のオールスターに慣れている人は、とにかく驚くことでしょう。

それくらい、柔らかでふかふかした履き心地。

冗談抜きで、履き心地はニューバランスのインソールに近い印象

(↑インソールの話であって、アウトソール含めるとニューバランスが勝ちよ。)

「チャックテイラーは昔、バスケットボール用のシューズだった」という事実がありますが、

日本のオールスターを履いてる時は「昔の人、こんなんでよくバスケできたな?」って思っていました。

でも、このCT70を履けば、「これならバスケできたわ」って思い直しました。

コンバース オールスター CT70

かかとに取り付けられている綿テープの素材が違います。

そしてヒールラバーのブランドロゴは、いわゆる「スリースター」と呼ばれる当時のヴィンテージのディテールを復刻しています。

しかも、このヒールラバーはコーティングされていて、摩擦に強い仕様。

オールスターって普通、ここがすぐにハゲてしまうんですよね。

尚、このヒールのコーティングは、日本のコンバースジャパン企画の100周年モデルでもみられる仕様です。


コンバース オールスター CT70

実にかっこいいのが、このアウトソールに走る黒いライン。

これもツヤがある素材を使っていて、このテカリがめっちゃカッコいい。

コンバース オールスター CT70 コンバース オールスター CT70

ソールの茶色の部分は盛り上がって接着されてます。

日本のオールスターよりも硬さがある素材で、耐久性があります

コンバース オールスター CT70

つま先が上に反り上がっているのも、ヴィンテージらしい仕様です。

コンバース オールスター CT70

このトゥの部分の模様の型が、日本のものと全然違う。

好みの問題になるでしょうが、私はこっちの方が好物。

コンバース オールスター CT70

付属の靴紐は、若干細め&厚みのある綿紐になっています。

こういうところも復刻ディテール。

コンバース オールスター CT70

購入価格は日本円で8,000円くらい。

どう??? これで8,000円よ!?

何色もカラバリを揃えたい、そんな感じの、CT70です。

ただ、残念ながら、日本では買えません

コンバースを取り巻く、複雑な事情。

本家コンバースUSAとコンバース・ジャパンは別物

そう、このCT70は、日本では買えません。

海外限定だから・・・というのとは事情がちょっと違います。

なぜか?

アメリカで創業した会社=コンバースは2001年に一度倒産しています。

で、その時に日本の総販売代理店を買収したのが、商社の伊藤忠商事。

それがコンバースジャパンとなりました。

今、日本国内で流通する全てが、そのコンバースジャパンが企画販売している商品です。

一方で、日本以外の国のコンバース=コンバースの本家の方は、

コンバースが破綻後にナイキが買収しました。

現在もナイキ傘下でコンバースブランドのシューズが作られています。

つまり、

日本で展開するコンバースジャパンと本家コンバースUSAは、全く別の会社です。

コンバースジャパン=伊藤忠は、力技が得意な商社らしい流通政策を引いており、

販売権を持つ日本国内には、コンバースジャパン以外の商品を一切入れないように、「輸入禁止」にしています。

コンバース・ジャパンと、コンバースUSAは別会社なので、

コンバースUSAの商品が日本でいくら売れたって、コンバースジャパンにメリットが無いからでしょう。

競合になりますからね。

確かに、8,000円のこのクオリティのCT70のような商品が入ってきたら、

コンバースジャパン企画の「made in Japan」モデルや高級路線の「アディクト」が売れなくなるでしょう。

この流通政策は非常に厳格に敷かれており、

仮にショップが輸入をしても、税関で止められた判例が過去にあるほど。

たまに、ネット販売している輸入ショップがありますが、

税関で没収されるリスクを恐れない、猛者だけさ。。。

優秀な商品が多いコンバースUSA

私が暮らすタイでも買えるのも、このコンバースUSAの商品です。

オフィシャルショップではこのCT70が購入できるのです。

ナイキが運営するコンバースUSAはこのCT70以外にも、

ナイキのランニングシューズ系で使われる「LUNARLON(ルナロン)ソール」を使用したチャックテイラーも展開していたり、

ナイジェルケーボンっぽいモデルもあったり、、、。

日本のように商品点数は多く無いし、しょっぱいモデルもあるけれど、

アメカジラバーたちに評価されるアイテムも多く企画しています。

アメカジ好きな方には知っておいて欲しい、

超有名ブランドのスニーカーなのに!!!!

雑誌でも、店舗でも、日本にいる人には一切目に触れない状況、

知る術すら無い状況である、ということは、とても悲しい事としか言いようがありません。

本当はファッション雑誌だって、記事にしたい商品が多いと思うのですが・・・、

ビジネスが絡んだ大人の事情があるので、頻繁には無理でしょうね。

コンバースという私たちの身近なものでも、

世界に目を向けると知らない事・商品があるっている例ですな。

アメカジ好きな皆さん、もし海外旅行に行く機会があれば、

ぜひコンバースショップに立ち寄ってみては如何でしょう?

そして、私はこれからも、

日本だけではなく、海外視点のアメカジアイテムの情報を見つければ、

皆さんに共有したいと思います。

 

ちなみに、私は先日、こんなのモデルも買いました。

傑作です。↓

満足度やばい、コンバースUSAの傑作オールスター『CT70』の限定1936モデル

 

そして、アメリカやイギリスではこのCT70のカスタムが可能なんです。

羨ましい限りです。

コンバースUSA/UKで傑作チャックテイラー【CT70】のカスタムが可能!

 

 

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
コンバース オールスター CT70

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

  • 記事読ませて頂きました。
    私事で申し訳ないのですが、今月バンコクへの旅行を予定しております。
    そこで、CT70を購入できるオフィシャルショップに行ってみたいのですが、もしよろしければオススメのショップを教えて頂けますか。
    よろしくお願いいたします。

    • >OWさん
      コメント、ありがとうございます。
      バンコクにコンバースのオフィシャルショップは数多くありますが、大きい店・小さい店限らず、なぜかCT70の品揃えがバラバラなのですが、
      その中でもCT70の品揃えが多く、私も重宝しているのがショッピングモール「サイアムパラゴン」です(場所や行き方はネットでお調べください)。ここで無いモデルでも他店で売ってる場合もありますが。
      ご参考になりましたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。