GU×ミハラヤスヒロのコラボレーション始動!注目はやっぱりスニーカー!(MIHARA YASUHIRO)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

GU(ジーユー)と、あのMIHARA YASUHIRO(ミハラヤスヒロ)との注目のコラボレーションが、現在全国のGU店舗並びにGUオンラインショップにてデリバリーされています。

https://www.gu-global.com/jp/ja/feature/gumiharayasuhiro/item/pc/

ミハラヤスヒロをご存知ない方もいらっしゃるかも知れませんが、長年、パリコレでもコレクションを展開している、日本有数のデザイナーの一人です。

ミハラヤスヒロを知っているという方も、ブランドは「アパレル」のイメージが強いのかもしれませんが、私のイメージは日本におけるシューズデザイナーの走りの人。

簡単にそのブランドの略歴をお話ししますと、デザイナーのミハラヤスヒロ(三原康弘)さんは多摩美在学中に靴づくりの基礎を学び、その後は独学で靴づくりの技術を高め、在学中から靴のブランドを始められた異色の経歴の持ち主。

その後、1997年にMIHARA YASUHIROという、自身の名前を冠したシューズブランド立ち上げています。

当時、若くして、メンノンとか、いくつものファッションメディアに取り上げられてました。

私も大学生のころ、そんな立ち上げ間もないMIHARA YASUHIROのレザーブーツを愛用していたので、私自身非常に思い入れがあります。

その後、MIHARA YASUHIROのアパレル展開も始まり、そのデザイン性が世界に評価されて今に至る、というのが大まかな略歴。

そのコレクションはどれも服や靴の固定観念を壊す、遊び心に溢れたデザインの数々で、世界的に熱狂的なファンがいるブランドです。

そんなミハラヤスヒロがGUとのコラボコレクションを展開するというのですから、これは見逃せない訳。

 

もともとシューズブランドであったミハラヤスヒロ。

 

今回のGU×MIHARA YASUHIROは、アパレルから鞄、靴下などの小物まで、トータルでコレクションを展開していますが、MIHARA YASUHIROの立ち上げ当初を知る身としては、やっぱりシューズは大注目のカテゴリー。

今回のコラボでは、シューズだけで4型、色変えも含めると15種類のラインナップを揃えていることからも、そのシューズへの力の入れようが伝わってきます。

その中のラインナップの一つで、カタログスペックで非常に気になっていた「オリジナルソールスニーカーMY」

店舗に行って実際に物をみて試着をしてみましたところ、非常によかったので購入しました。

そこで今日はこの一足をレビューしたいと思います。

GU×MIHARA YASUHIRO『オリジナルソールスニーカーMY』レビュー

ディテール解説

というわけで、GU×MIHARA YASUHIRO『オリジナルソールスニーカーMY』のレビューです。

GUのオフィシャルサイトはこちら↓

https://www.gu-global.com/jp/ja/products/E333537-000/00?colorDisplayCode=00

いきなりですが、箱が可愛いです。

これは小物入れとしても使えそう。

通常、GUの靴は箱が無いらしいのですが、この辺りはデザイナー・ミハラヤスヒロの拘りでしょう。

この『オリジナルソールスニーカーMY』は全5色展開ですが、白×黒をピックしました。

このカラーが一番、使いやすそう。

ルックスはVANSのEraとスリッポンを足して割ったようなデザインになっていて、今回のコラボスニーカーの中でも最もベーシックな形をしています。

ボディの素材はキャンバスコットンです。

この『オリジナルソールスニーカーMY』の大きな特徴は、アイテム名にもなっている「ソール」です。

ぱっと見、よくあるローテクスニーカーと何が違うの?・・・と思うかもしれませんが、このソール、なかなかボリュームがあるのです。

よーく見ると、白いラバーの下に、さらにガムソールが貼り付けられているのがお分かりでしょうか?

この白いラバー部分でさえ、若干厚いのに、さらにもう一枚、ソールがついてる感じ。

さらに、その底のラバーですが、外にはみ出しているようなデザインになっています。

このため、ローテクスニーカーの「軽快さ」を持ち合わせつつも、地に足がついた「ずっしりした」雰囲気を纏っているのが特徴です。

ソール裏のデザインも拘っています。

ソールにはMIHARA YASUHIROのロゴ入り。

そしてこの分厚いソール。

つま先がかなり反り上がっているのも、もう一つの特徴です。

つま先が反り上がることで、歩きやすさという以外にも、見た目の「可愛さ」が出てきますね。

あと、小指側のソールに今回のコレクション名である「GOOD INSPIRATION」と入ったラバーパッチが、デザインのアクセントとして貼り付けられています。

もう一つの特徴が、このサイドに入れられたゴムです。

これにより、シューレースのスニーカーながら、非常に簡単に脱着できる仕組みになっています。

ご近所にちょっと出かけるという時に、すごくいい。

アッパーのデザインの大きな特徴になっているのが、要所に入れられたこのパイピングデザイン。

これはMIHARA YASUHIROのインラインでも見られる、最近のミハラヤスヒロデザインを踏襲しています。

シューレースは太め。

インソールにはMIHARA YASUHIROのブランドロゴと、コラボレーションを示す印字アリ。

ヒールパッチにもMIHARA YASUHIRO。

こういうディテールがしっかり入っているところは、ファンならずとも嬉しいところですね。

まとめ

以上、GU×MIHARA YASUHIRO『オリジナルソールスニーカーMY』のディテール解説レビューでした。

この春夏は結構ヘビロテしそうな予感。

これで価格が3,990円なのですから、かなりの高コスパアイテムと言えます。

ミハラヤスヒロのインラインだと通常は3万円以上するスニーカーですから、ミハラヤスヒロを初めて知るという方にもその世界観を体験するエントリーモデルとしてお勧めしたいですね。

今回の「GU×ミハラヤスヒロ」には、これ以外にもシューズラインナップがあるので、ぜひ店舗で一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

Youtube

今日のGU×ミハラヤスヒロのレビューを動画にまとめました。

宜しければ、ご視聴ください。

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。