M-65のキルティングライナーを、アメカジ的な冬のルームウェアとして提案したい。

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

寒い日が続きますね。

こんな季節は皆さん、ご自宅では防寒着として何を着ていますか?

パジャマの上から、ユニクロのフリース?

最近流行りの、ボアブルゾン?

それとも、昔ながらの「はんてん」?

誰にも見られないので「暖かければ、それでいい」と、あまり気にしてないというのが正直なところかもしれません。

 

しかし、昨今は「ステイホーム」を強いられることもあり、自宅に居る時間も長くなりがち。

せっかくですから快適に、かっこよく/可愛く、テンションも上がる防寒着をチョイスしたいところ。

 

そこで本日は、私が部屋着として愛用しているミリタリーアイテムを、皆さんにご提案したいと思います。

それは…M-65 フィールドジャケット用ライナー!

自宅内でハンテン替わりに、超ヘビロテ中。

どのような特徴があり、なぜ部屋着としておすすめなのか?

細かく解説していきます。

M-65 フィールドジャケット用ライナー

概要

今回、暖かいルームウェアとしておすすめしたいのが、こちら。

『M-65 フィールドジャケットのキルティングライナー』です。

 

米軍の名作ジャケットの一つに「M-65フィールドジャケット」があります。

M-65 フィールドジャケット(2ND model)

もともと寒い地域にも対応出来る仕様として開発されたこのジャケットの防寒機能をコントロールするために、脱着式のライナーシステムが採用されました。

それがこのキルティングライナーです。

つまり、これはリアルなミリタリーウェアなのですが、これが実に日本の冬のルームウェアにマッチしています。

先にその理由を簡単にまとめると、

キルティングジャケットが部屋着におすすめの理由

1)実際の米軍のミリタリースペックな防寒の信頼性

2)軽くて、とにかく楽

3)かっこいい、かわいい

4)全国の古着屋で比較的手に入れやすい

5)デッドストックでも総じて価格が安い

こんな感じになります。

では、まずは実際のアイテムを元に、詳細を見ていきましょう。

概要

私が自宅で愛用しているキルティングライナーのミルスペックはこちら。

M-65 フィールドジャケット用ライナー、正式名称は「コールドウェザーコートライナー」です。

タグ表記によると、コントラクターはAMERICAN APPAREL, INC. 、 通称「アメアパ」。

2014年納入ということで、比較的新しい米軍の払い下げ品です。

本来は寒冷地で使われるリアル軍用装備になります。

では、このキルティングライナーを私が実際に部屋で使ってみて、ルームウェアとして適していると感じるポイントをお話ししていきましょう。

ポイント1)実際の米軍のミリタリースペックな防寒の信頼性

まず一つ目のポイントです。

これは冒頭に説明の通り、M-65のインナー用に作られているもので、寒冷地において命を懸けた兵士たちのための軍用装備品になります。

米軍が潤沢な軍事予算を元に、細部に至るまで幾度となくアップデートを繰り返してきた一着ですから、信頼出来る防寒性能/耐久性を備えているわけです。

インナー用途なので薄い構造をしていますが、部屋の中で、部屋着の上に羽織るものとしては丁度良い防寒性能を持っています。

ポイント2)軽くて、とにかく楽

本体は薄いリップストップナイロン生地と薄い中綿を、へちま型のステッチで縫いつけた構造になっています。

リップストップナイロン生地は軽量ながら強度が高く、撥水・防水性にも優れているため、パラグライダー、パラシュートなどをはじめ、軽量テント、寝袋といった登山&キャンプ用品に使用されている実用的な素材。

さらにボタンの数など、不要な付属品を全て削ぎ落としたシンプルで軽量な作り。

ミリタリーな見た目とは裏腹に、とてつもなく軽く快適な着用感で驚きますよ。

フロントボタンは3つ。

決して下から2つ目が取れたわけではなく、初めからこの仕様なのです。

ボタンの間隔が空いている箇所は、M-65フィールドジャケットのウエストのドローコードと干渉しないようになっています。

今回、私はこのライナーを部屋着としておすすめをしているので、ボタンが多い必要はありません。

むしろボタンが3つしか無いことは、脱着が楽ということなのでマイナス要素は無し。

さらっと羽織るのに、たくさんのボタンは不要。

むしろ少しでも重量が重くなるので、パーツは極力少なく軽い方が良いのです。

もともとライナーとしてコートの中に着脱する用途に作られているので、キルティング単体での外見のルックスは意識して作られていません。

例えばこの袖を見ても、ロックミシンの縫い目が外側に走っているので、縫い目が丸見え。

肩の縫製も、同じくロックミシンで縫い目がガッツリ見えていますね。

でも、部屋着であれば、このあたりの細かい縫い目の外見は気にする必要はありませんし、外側に縫い目が出ているということは…

そう。

内側に縫い目が出ていない、ということなのです。

つまり、着用時のストレスが少ないということ。

3)かっこいい、かわいい

昨今、女子の間でキルティングのジャケットをビックシルエットで着るのが流行っていたりしますが、これがその元ネタになります。

つまり今のファッションにもマッチしています。

また、made in USAだからなんでもモノが良いっていう訳では無いのですが、生地の薄さに対して太い番手の縫製糸を使って、食い込むような糸調子で縫製されているところにアメリカっぽさ感じられます。

キルティングというフワっとしがちなプロダクトなのに、陰影がはっきりとして骨太な雰囲気を纏わせているのは、きっとそんな縫製仕様からきているのでしょう。

キルティング生地の端の処理に、全体的に同系色のグレーのパイピングが施されていますが、これもデザインのアクセントになっていますよね。

4)全国の古着屋で比較的手に入れやすい

ミリタリーアイテムの中にはレアで貴重な品や、人気で価格が高騰しているものも少なくありませんが、このM-65 キルティングライナーはまだまだそんなことはありません。

取り付けるためのM-65 フィールドジャケット自体は1965年の制式採用から2008年まで、実に40年以上に渡り米軍で採用されてきたこともあってか、このライナーも古着屋さんを中身にかなりの数が流通しています。

デッドストックを販売している店舗も少なくありません。

後述しますが、このM-65以外にも、さまざまなライナーが存在します。

米軍のもそうですが、ヨーロッパミリタリーでも各国の多くの軍でこのライナーシステムが採用されているので、ミリタリー系を扱う古着屋を何店舗か回れば、何かしらこの手のライナーを見つけることが出来るでしょう。

そんな「買いやすさ」も、皆さんに部屋着としておすすめしたいポイントです。

5)デッドストックでも総じて価格が安い

これらのライナーは、比較的買いやすいミリタリーというだけでなく、まだまだ流通価格が安いのも魅力です。

例えば私の個体は2014年のデッドストックでしたが、3,000円台で購入しました。

その他、レア度や年代、程度によって価格が上下しますが、3,000円〜6,000円あたりで購入できる店も少なくありません。ヤフオクならもっと安く買える機会も出てくるかも。

この価格だったら、ユニクロのフリースを買う感覚で気兼ねなく購入できます。

部屋で着るだけなのに、高価で貴重なものだったら、気疲れしてしまいますしね。

ジャケットのライナーならではのディテール

ぱっと見は十分、キルティングのジャケットとして成立して見えますが、よく見るとライナーとして設計された独特な仕様があるので、それを見ていきましょう。

まず、ボタンの横にボタンホールがありますが、このあたりはM-65フィールドジャケットに取り付けるための仕様。

同じように首裏にもボタンホールがあります。

M-65ジャケットの首の内側にボタンがついていますが、そのボタンをこのインナーの首のボタンホールに引っ掛けるわけです。

袖にも、ボタンホールのあいたコットンテープが付属。

これも本来はM-65に取り付けるためのディテールです。

とまぁこんな感じですが、実際に部屋で着用していても、これらのボタンホールやらは、全く気になりません。

それよりもこの軽さと暖かさの恩恵が凄い。

脇の切れ込み、使い勝手は悪い。

一つ、ネガティブポイントができることがあるとすると、脇ですね。

このM-65のライナーは写真の様に脇には通気性確保のため、穴あき仕様になっています。

私の様に単体でこのライナーを着ようとすると、脱ぎ履きの際に袖ではなくこの脇穴から腕を出しちゃうことがあって。。。

着る時に気をつければ良いだけの話なのですが。

古着のセレクトショップによっては、ここをあらかじめ縫いつけて販売しているところもありました。

サイズ感は大きい方が良い

私は170cm / 70kgで、通常の洋服は基本的にLサイズを選択していますが、この個体はMediumをチョイスしました。

この通り、ちょうどジャストのサイズ感ですが、防寒を考えるともう1つ大きいサイズでも良かったかな、と思うことも多いです。

いずれにせよ、ヴィンテージものは特に個体差も大きいので、購入検討時にはサイズは実寸をベースに、慎重に選ばれるのが良いでしょう。

M-65以外のライナー

今回はミリタリーのライナーの中で最もメジャーで手に入りやすい『M-65 フィールドジャケット用ライナー』をチョイスしましたが、米軍だけでなく、他国のミリタリーにもアウター用のライナーで同じようなコンセプトのものがたくさんあります。

国によってシルエットやディテールが違うので、実に面白い。

ぜひ、ネットで【 キルティング ライナー ヴィンテージ 】 と検索してみてください。

今作と似たような形状をしたキルティングのライナーもあれば、袖や首元にリブがついているものもありますし、

キルティングではなくパイル地のものも見たことがあります。

あなたにあったライナーに巡り会えるといいですね。

まとめ

ということで、ルームウェアにおすすめしたいミリタリー、『M-65 フィールドジャケット用ライナー』でした。

参考になれば幸いです。

Youtube

本日の内容を動画でまとめています。

よろしければ、どうぞ。

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。