フルカウントに見るバックポケットのディテール

フルカウントのバックポケットの形状
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

今年で25周年を迎えたフルカウントの定番ジーンズたち。

ジンバブエコットンを使用したオリジナルのデニム生地や、縫製の細部のディテールが素晴らしいのは当然なのですが、

他のブランドと比べてシルエットが綺麗で、現代的で、都会的だと感じます。

そんな印象に一役買っているのは、バックポケットではなかろうか、と思うのです。

フルカウントのバックポケットの秘密

フルカウントのバックポケットの上部には、良くみてみると

微妙なカーブ(R)が付けられています。

フルカウントのバックポケットの形状

微妙なのですが、新品の生デニムの状態を目視すると、下方向にRが付いているのがはっきり分かりますよ。

明らかに弓状に、折伏せ抜いがされています。

通常、バックポケットの上部は真っ直ぐなカットです。

下はリーバイスのLVC1947の写真。

フルカウントのバックポケットの形状

このフルカウントの、Rの付いたバックポケットですが、

履きこみをすることによって生地が収縮し捻れ、Rが目立たなくなっていきます。

・・・というか、

洗濯を繰り返し、捻じれが発生した全体の雰囲気に馴染んでくるのです・・・説明が難しいですが。

そして、普通のバックポケット=ストレートラインのポケットと比べると、

見た目がすっきりとした、スマートな美しいバックスタイルに貢献しています。

逆に、通常のストレートラインのポケットは、

フルカウントのようにRが付いたポケットと比べると野暮ったい感覚を持ちます。

もし手元にフルカウントのジーンズをお持ちでしたら、

他のブランドのジーンズと並べて比べてみてください。

オリジナルのヴィンテージは決してこんなRをつけた仕様になっていないはずで、

これはシルエットを大事にするフルカウントが、

創業25年間の中で積み重ねてきたノウハウの一つであり、

企業努力の証なのだと思いますし、これができるのがメーカーさんの強みですね。

尚、このバックポケットにRをつけた仕様ですが、

私が把握している限り、フルカウントだけではなく他のブランドでもたま〜に見かけることができます。

ジーンズショップにて、こういうところにも注目してみるとジーンズを更に楽しめると思いますよ。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
フルカウントのバックポケットの形状

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。