FULL COUNTの『挑戦』か?ザラ感の強い特別デニムを使った【1108 ROUGH】が限定リリース(フルカウント)

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

昨年25周年を迎え、新しい四半世紀へ突入したデニムブランド、フルカウント

この2018年の秋冬向けに限定のジーンズ公式HPにて予約開始しています。その名は【1108 ROUGH】。これ、間違いなく売れると思います。…が、今までのフルカウントの中でもこれは異質で「挑戦的」な感じ。

本日はHPに記載されているスペックから、その詳細をチェックして見ましょう。

フルカウント限定ジーンズ【1108 ROUGH】

概要

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

スペック
生地:13.6oz ムラ糸・ローテンション織デニム(アメリカ産綿&オーストラリア産綿の混合)

シルエット:スリムストレート

価格:24,624円(税込)

特記:世界500本の限定生産

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

「限定」なので、珍しいディテールが満載なのかと思いきや…、パッと見た目は限りなく定番のフルカウント。そう、このモデルはフルカウントの中でも人気の高いスリムストレートの定番【1108】のスペックを基本的に踏襲しているようです。

で、何が特別かと言うと、その極端に凹凸の激しいデニム生地にあります。

フルカウント、まさかの超ザラ感デニム生地を採用

フルカウントといえば、その代名詞となっているのが「ジンバブエコットン」を使ったオリジナルのデニム生地のジーンズ。超長綿に分類されるその綿で作られるデニム生地は肌触りと通気性が高く、「色落ちも穿きごこちも良い」ジーンズを軸に、毎年コレクションを展開してきたのがこのフルカウント。

ですが…

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

今作は人気の【1108】の型番を使いつつ、超ムラ糸を使った「ザラ感の強い」デニム生地、しかもジンバブエコットンではなく、アメリカ&オーストラリアの混綿を使用したデニム生地のモデルをリリースしてきました。

アメリカやオーストラリアの綿って、つまりは多くのブランドのデニム生地でも採用されるベーシックな綿です。

写真を見た感じでも、その生地の持つザラ感の強さが感じ取れます。

以下、フルカウントのHPより引用。

より激しいヒゲと縦落ち(点落ち)を実現でき、またフルカウント特有の穿き心地の良さを兼ね備えたデニムを3年の歳月を費やし実現させました。経緯共に6.7番手の糸を使用していますが、あくまで平均値としか表せない程激しいムラ糸で、ただでさえ織りにくいその糸をローテンションでゆっくりと織る、それは非常に高度な技術と経験が必要となり…

引用:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

セルビッチは片側ピンク色のセルビッチか?またはイエローとピンクの2色耳か?この写真ではちょっと判別が難しいですね。

そして、裏地を見ても確認できる、そのウネウネ・ゴワゴワ感した生地。こればかりは、実際に手にして触れて見ないと何とも言えませんが、激しい色落ちの期待値は高そうです

では、穿き心地はどうなのか???

これも穿いてみないと分かりませんが、この手のローテンション織りのジーンズってその名の通りテンションを緩めて織り上げたデニムなので、織りの目が詰まっていない=通気性があり、かつ伸縮性があるデニムになることが多いのです。

見た目のゴワゴワとは相反して、穿きやすいケースが多いモノ。そう言う意味で、今作でも「フルカウント特有の穿き心地」と評しているのかと。

ディテールは、1108。

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

で、細かいディテールといえば特筆するところはなく、フルカウント定番のソレです。

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

ザラ感の強いデニム生地で、かつ“スリムシルエット”と言うと、真っ先に思い浮かぶのが「鬼デニム」。今、世界中(特に国外)に熱烈なファンの多いその「鬼」のスペックをフォローしているので、この限定【1108R】の人気が出ないはずはありません。

価格ですが、他の定番と同じ、24,624円(税込)

【まとめ】色々と挑戦的な限定モデルだと思います。

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

出典:FULLCOUNT(http://www.fullcount-online.com/item/1108R.html)

このフルカウントの限定ジーンズ。皆さんの目にはどのように映るでしょうか?

フルカウントがこれまで培ってきた美しいシルエットの1108に、人気の高い「極端にザラザラしたデニム」を採用、誰が見ても欲しくなる、良いモデルであることは間違いありません。

特に、海外での人気が高そうではあります。

一方、

私の知る限り、ヴィンテージジーンズの持つ自然な縦落ちと、独特の穿き心地の柔らかさを再現するのがフルカウントのジーンズに対するコダワリであり、その結果ブランドのアイデンティティとして採用してきたジンバブエコットンのジーンズでした。

よって、今回のザラ感・激しい点落ち、って言うのは、これまでフルカウントが「THE JEANS MAKER」として作り上げてきた物作りとは哲学が違う軸のモノのような気がします。

この限定モデルは、

海外での展開を推し進める「挑戦」のための戦略的アイテムなのか。

「鬼デニム」に、真っ向から叩きつけた先輩からの「挑戦」なのか。

古きに固執せず、新しい世代を睨んだブランドの方向性を模索する「挑戦」の現れなのか。

 

どのような意図があるにせよ、シンプルなことが一つ。 この限定モデルを見て私は素直に「欲しい」と思った訳で。

思わず、こう言う言葉が出てしまいました。「フルカウント、やっぱり良いモノ作るブランドだ」って。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。