『ライトニング 2018年5月号』これぞアメカジの王道!欲しい情報「全部載せ」の創刊記念特大号(Lightning/エイ出版)

ライトニング2018年5月号
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

月に一度のお楽しみ、月刊ライトニング。

ただ、最近は家や車関係の特集が多かったり、月刊よりムック本の方が発行頻度が高かったり、うむむ。

そんなライトニングですが、例年この「5月号」は“創刊記念号”として、ページ数ならびに内容もボリュームアップされるお祭り号。

今年の5月号は特集『アメリカモノが好きだ』と題し、様々なアメカジアイテムをフィーチャーした特集になっています

流石にこれは、期待せざるを得ない!では、いつものように簡易レビューです。

ライトニング 2018年5月号 vol.289

目次

ライトニング2018年5月号

今月は創刊24周年特大号。

まず目につくのは約500ページの誌面という、圧巻のボリューム。

その500ページに、ライトニング編集部的な「好きなモノ」をギュッと集めた内容になっています。

made in USAの特集として、Alden(オールデン)から始まるA to Zがあったり。

アメリカモノが好きだ!と題した特集ページには、僕らの好きな「アウトドア、時計、ブーツ、バイクや車、ミリタリー、アロハシャツ、レザージャケット、そしてヴィンテージデニム」など、誌面を埋め尽くす魅力的な「モノ・モノ・モノ」。

私たちが好きな系統のアイテムが、『これでもか』と詰め込まれた内容になっています。

春先に気になる革小物の経年変化特集も面白かったし、普段なかなか見れない栃木レザーの工場の特集なんかも力が入っていました。

ロレックスのヴィンテージ・サブマリーナの特集も素晴らしい情報量(今の値段にびっくり)。

直近のアメカジ事情を知るには、この1冊で事足りるほど。別冊ムック本以上に内容が濃いと思います。

これで、1,000円以下なんですから、恐れ入りました。

アメカジファンは、マストバイ。

まとめ

最近、モノをフィーチャーした特集が少なかったライトニングですが、溜め込んだ情報を一気に吐き出したかのような内容で、大満足。

モノがたくさん掲載されている雑誌って、やっぱり安心するなぁ。

パラパラ見てるだけで、あれ欲しいな、これ欲しいな、と夢が広がりますから。

 

今日の一枚

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ライトニング2018年5月号

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。