『デイトナブロス(Daytona Bros)』にインタビューして頂きました。

meeting_with_daytona_bros
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先週から仕事で日本入りしていましたが、今日タイのバンコクに戻りました。

タイは常夏ですが、今の時期は暑すぎず湿度も低く、最高に過ごしやすい時期なのですよ〜。

さて、その道中の飛行機の中で、気になっていた「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 」を鑑賞。

感想・・・「がっかり・・・」

私がピュアな中学生だったら・・・とても楽しめたのかな。

歳を重ねたことで、私の心がスれちゃってるんだろうね、きっと。

 

さて、今回の日本入りの間にデイトナブロスの小川編集長に取材していただけるとの事で、東京は目黒にある編集部にお邪魔してきました。

業界に精通する小川編集長とのアメカジ談義に華が咲く、充実した時間でしたよ。

情熱があれば夢は叶う。 . ジーンズに魅せられ、個人ブランド「Aiiro Denim Works」を立ち上げたひとりの男。念願のオリジナルジーンズ「チェロキー」を完成させ、編集部にやって来た。 . シルバー925によるフロントボタン。個性的なポケット形状。倉敷帆布によるデニムバッグとオリジナルのフリスクケースが付属。彼の斬新なアイデアとサービスが詰まった1本。 . 完成したジーンズは主に関係者に配られたが、極少数だけ一般販売している。ジーンズに魅せらた男の夢物語。その続きを知ることができるのは、このジーンズを手にした選ばれし者のみである。 . #daytonabros #デイトナブロス #denim #デニム #jeans #ジーンズ #倉敷帆布 #フリスクケース @aiiro_denim_works

Hiroyuki Ogawa Daytona BROSさん(@hi.ogawa)がシェアした投稿 –

このたびのインタビューの内容は今月11月末発売号のデイトナブロス(Daytona Bros)にて掲載予定とのことです。

どれくらいの誌面で取り扱って頂けるのかは不明ですが、楽しみにしています。

尚、ブロスの小川編集長の頭の中にはアメカジの「新しいメディアのあり方」の構想を持たれていましたが、これが相当に興味深い(内容はまだ言えませんけど・・・)。

それが実現すれば、アメカジファンにとって、面白い未来が待っていると思います。

来年2018年は、日本のアメカジが新しい進化を迎える元年になるかもしませんよ。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
meeting_with_daytona_bros

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。