VANS(ヴァンズ)の1980年代レアモデル【BOLD NI】が復刻リリース。国内ではセレクトショップ「BILLY’S」限定。

VANS BOLD NI
スポンサードリンク

Notice: Undefined offset: 1 in /home/aiirodenim/aiirodenim.com/public_html/wp-content/themes/jstork_custom/functions.php on line 73

Notice: Undefined offset: 2 in /home/aiirodenim/aiirodenim.com/public_html/wp-content/themes/jstork_custom/functions.php on line 76

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今年2018年、ストリートではダッドスニーカーのトレンドやアディダスやナイキエアマックス系ハイテクスニーカーの復権など、「スニーカー」の超当たり年になっています。

コラボモノも話題作が目白押し。

特に2018年は【Off-White】とナイキとのコラボレーションがエゲツない争奪戦に。

Off-White Nike

洋服にお金はかけない方がカッコいい・・・そんな風潮が昨今ありましたが、そんなのは何処吹く風のスニーカー事情。

街を歩けば、みんな良いモデル、履いてます(^^)

で、これらのハイテク系だけでなく、今年はローテク・スニーカーも当たり年だと思うのです。

VANS(ヴァンズ)から、こんな復刻がリリースされます。

知る人ぞ知る、【BOLD NI】

本日はそちらの情報をチェックして見ましょう。

VANS(ヴァンズ)【BOLD NI】復刻

外観

VANS BOLD NI

出典:BILLY’S(https://www.billys-tokyo.net/shop/g/g5855520001015/)

こちらが今回、復刻されるモデル【BOLD NI】。

1980年代にリリースされたモデルになります。

完全復刻ではなく、当時の形をベースに細部をアップデートした内容になっているのが特徴です。

ディテール

VANS BOLD NI

出典:BILLY’S(https://www.billys-tokyo.net/shop/g/g5855520001015/)

まず、特徴的なのはこのルックスですよね。

定番のオールドスクールに近い。でも、サイドのライン(サーフライン)が…太い!

これだけで、随分とクラッシックな雰囲気を醸し出しています。

そしてアッパーにはスエードを採用。当時はキャンバスだったので、これは純粋にグレードアップされたディテールになります。

VANS BOLD NI

出典:BILLY’S(https://www.billys-tokyo.net/shop/g/g5855520001015/)

後ろ姿だけ見ると、まさにオールドスクール?と思ってしまいますね。

VANS BOLD NI

出典:BILLY’S(https://www.billys-tokyo.net/shop/g/g5855520001015/)

アウトソールですが、オールホワイト。

ここはひとつ、残念ポイント。

アッパーのヴィンテージライクな雰囲気だったら、グリップのワッフルソール部分はガムソールにして欲しかったなぁ。

それだけでルックスは随分と変わるのになぁ…。せっかく細部はアップデートしてるんだし。

尚、最新のクッション性の高い「UltraCush」をインソールに採用しているということで、履き心地は良さそうです。

カラバリ、あり。

VANS BOLD NI

出典:BILLY’S(https://www.billys-tokyo.net/shop/g/g5855530001015/)

今回、復刻版【BOLD NI】は3色が同時リリース。

ひとつは黒。

そして、このブルーとレッド。

VANS BOLD NI

出典:BILLY’S(https://www.billys-tokyo.net/shop/g/g5855520001015/)

スエードの質感を考えると、ブルーがお勧めっぽいかなぁ、と個人的には思います。

テーパードやスキニー系のジーンズとも相性良し。

販売価格は12,000円(税別)。

国内での購入はBILLY’Sのみになってます(並行輸入は色々ありそうですけどね)。

【まとめ】バリエーションのひとつとして持っておいて損の無い一足

ヴァンズをいくつか持っている方でも、この一足はバリエーションのひとつとして持っていて損はないでしょう。

サイドのラインが目立ちつつも子供っぽくなく、またスエードの質感もよく、様々なアメカジスタイルにマッチしますね。

それにスエードアッパーのローテクスニーカーの、履き込んでエイジングされたカッコよさって、異常。

私、大好物です。よって、このスニーカーも大好物。

ただ、この手のスニーカーってジーンズと違って何年も履き続けられるほどの耐久性を持っていないため、エイジングされてカッコよさがピークの頃、そのスニーカーの死期を悟りだす。

カッコいいんだけど、人から見ると「ボロいスニーカーを履いてる貧相な人」に見られがち。

自分にとっても、人が見ても、かっこいいエイジングのタイミングって、どの辺りか?

このあたりの自己判断、バランス感覚が難しく、つまりは「スエードスニーカーの引退させ時」が難しかったりするんですよね。

リペアして履き続けるって手はあるんですけど、リペア代金を考えると新しいものが買いたいな、って思うのがローテクスニーカー。

そうやって考えるのが楽しい悩みでもあるんですけどね。

それにしても、今年は本当に当たりのスニーカーが多いなぁ。

コンバース アディクト 【ONE STAR LOAFER】

即日完売!コンバース ADDICTが放つ激レアな復刻モデル【ONE STAR LOAFER】。

2018-11-10

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
VANS BOLD NI

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。