VANS(バンズ)の新作スリッポンに、倉敷帆布とコジマデニム Verがリリース。

vans
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

VANSの2018年の春夏の新作に、気になるモデルが2点・・・。

一つは、児島デニムを使ったモデル。

そしてもう1点は・・・なんと・・・「倉敷帆布」

本日は、その詳細を見てみましょう。

VANS 2018年春夏コレクションより

スリッポン(SLIP ON): 倉敷帆布

vans

出典:VANS JAPAN(http://www.vansjapan.com/2018-spring-summer-visual-book/)

スリッポン:倉敷帆布BLACK, OFF WHITE / 各¥7,000(税別)←5月発売予定

メイド イン ジャパンのクオリティを今に守る、数少ない国内帆布ブランド=倉敷帆布

その製造を一手に引き受けているのが丸進工業

昔ながらの設備を今でも整備をしながら使い続け、当時の製法を実直に継承し、効率よりも昔ながらの「風合いのある生地」を作り出すことに重きをおく、世界でも杞憂稀な「帆布職人」集団です。

倉敷帆布

今、私たちの身の回りにある帆布=キャンバスといえば外国産の安い粗悪なモノが殆どという状況。

つまり、「本物の帆布の持つ手触り」を知らない人がほとんどだと思います。

丸進工業が作り出す、旧式織機でゆっくり、そして力強く織られた耳付きの帆布生地はコシの強さ、手触り、風合い、何よりも耐久性が全く別物です。

その素材に惚れ込んだ私は、オリジナルの『HEAVY CANVAS BAG』に採用しています。

『HEAVY CANVAS BAG』(ヘビーキャンバスバッグ)の詳細と、制作経緯。

それが、今回VANSのスリッポンに今回採用されます。

どのようなモノになるか、楽しみです。

とはいえ。

倉敷帆布は良い素材には違いありませんが、個人的にはこれをスリッポンにするっていうのは、、、ちょっと現物見て見ないと良し悪しの判断がしにくいですね。

スリッポンだと、ちょっとおじさんっぽくなる可能性も…。この素朴な素材感が。

スリッポンではなく、ERAとかオールドスクールとか、帆布だけでなくスエードとのコンビとか、、、その方が個人的には魅力的。

コジマデニムシリーズ(INDIGO) OLD SKOOL / SLIP ON / ERA

vans

出典:VANS JAPAN(http://www.vansjapan.com/2018-spring-summer-visual-book/)

こちらは言わずと知れた、岡山・児島で作られた国内生産デニム生地を使ったモデル各種。

  • ERA(KOJIMA DENIM) ¥6,000(税別)
  • OLD SKOOL(KOJIMA DENIM)¥7,000(税別)
  • SLIP ON(KOJIMA DENIM)INDIGO / ¥6,000(税別)

オールドスクール、かっこいいですね。各モデル、現段階ではいつ発売かは不明。

今シーズンにはコンバースから同じコジマデニムを使ったモデルもリリースされますし、なかなか悩ましいところ。

限定で登場。初の国産デニムを採用した『JACK PURCELL KOJIMADENIM R(ジャックパーセル コジマデニム)』

どちらもアメカジスタイルに抜群の相性でしょう。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
vans

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。