桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

(※こちらの記事は2017年5月3日に更新済み)

このGWに向けて、桃太郎ジーンズから上野ヒノヤ(HINOYA)別注がリリース開始。

しかも二型同時!

・H0715-SP3=15.7ozのテーパードジーンズ。

・H0205-HS3=10oz デニム生地のショーツ。

ショーツの別注は珍しい!

それぞれ、ヒノヤ(HINOYA)さんの公式楽天ページから、詳細情報を見てみましょう。

桃太郎ジーンズ ヒノヤ別注【H0715-SP3】

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】 桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

〜スペック〜

・15.7oz ジンバブエコットン特濃デニム

・スリムテーパード

・別注オリジナル革パッチ

・別注オリジナルペイント&エンボス

シルエットがご覧の通り、結構スリム。

昨今のトレンドを反映していますね。

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

バックポケットのペイントに、ヒノヤ(HINOYA)さんの“H”を家紋に型どったデザイン。

これまで桃太郎ジーンズとヒノヤ別注の際にはよく使われているモチーフですが、今回は黄色でのペイント。

尚、黄色のペイントは桃太郎ジーンズ公式の仕様でもあるのですが、

それは色味がもっと明るい黄色。

一方、今回のヒノヤ(HINOYA)別注の黄色は、赤みがかった、いわゆる「山吹色」。

ジーンズには、絶対この黄色の方が合う

経年変化したインディゴブルーとこの黄色の組み合わせは驚くほどマッチするでしょう。

何より、山吹(やまぶき)とは晩春に咲く花なのですが、

この時期にリリースする別注にこの色を選んだヒノヤ(HINOYA)さんのおしゃれっぷりに、痺れる

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

もう一つ面白いのが、この左バックポケットに施された、桃太郎ジーンズの家紋の「エンボス」。

これはなんでしょう? デニム生地に型をプレスして、模様を浮き上がらせた感じでしょうか?

それとも、何か下地をポケット裏に挟んでいるとか?

ジーンズが経年変化することで、この家紋がはっきり浮かび上がってくるそうです。

実物を見てみたい、気になる仕様。

(5月4日追記:ポケット生地の間にこの家紋の形のシリコンを挟んで、模様を浮き出しているそうです。)

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

桃太郎ジーンズ×ヒノヤに使われる、“H”桃デザインの革パッチは健在。

 

他の縫製仕様は基本的に桃太郎ジーンズの特濃ラインと同じですが、このジーンズ、良作の予感。

桃太郎ジーンズ ヒノヤ別注【H0205-HS3】

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

〜スペック〜

・10ozジンバブエコットン特濃デニム

・別注オリジナル ポケットペイント

・別注オリジナル 革パッチ

桃太郎ジーンズの別注としては珍しいショートパンツです。

10oz、この縫製仕様を見る限り、桃太郎ジーンズの既存商品である『特濃インディゴ・スリムショートパンツ 』がベースでしょう。

その既存商品は見たことあるのですが、10ozというライトで手触りがカラッとしている生地を使っていて、シワ感が出やすく、見た目にも履いた感じも非常に涼しげでした。

夏用のデニムショーツを買うのであれば、本命の一本でしたよ。 で、今回はその別注。

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

膝丈ぐらい。 シルエットは細身なので、デニムショーツにありがちな野暮ったい雰囲気は皆無で、綺麗目のシルエットです。

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

今回のHINOYA別注のポイントは、このバックポケットのペイント。

ラスタカラーだ! 昔の心斎橋アメ村を思い出す・・・。

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

このカラーは、ちょっと人を選ぶかなぁ、という印象。

とはいえ、せっかく別注買うんだったら、人と違ってナンボだろ?という考えであれば、

これはまさに「え?なにその桃太郎。」ってなること、間違いなし。

桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

こちらもヒノヤ別注の革パッチ。

オンライン及び店舗で購入可能

これらの別注はヒノヤ(HINOYA)さんの楽天ページ、または実店舗で購入可能。

公式で数が少ない宣言をされていますし、気になる方は早めにチェックください。

以下、それぞれの商品ページ↓

 

 

遠方の方はオンラインでの購入となるでしょうが、

関東近県の方は、週末の行楽ついでに上野→ヒノヤさん巡りはいかがでしょう〜?

ヒノヤさんの店員さんは、皆アメカジが大好きで、接客もとても親切。

お話ししてて本当に楽しい。

電車代分をかけてでも来店する価値はあると思います。

(注:私はヒノヤさんのマワシモノではありませんよ・・・)

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
桃太郎ジーンズのヒノヤ別注【H0715-SP3】と【H0205-HS3】

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。