珍しいリーバイス  LVC【S501XX lefty】

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。

私の実家に未着用のまま眠っているジーンズの中でそこそこ珍しいモデルが眠っていました・・・のでご紹介します。

Levi’s LVC【S501XX lefty】

th_bw6a7444

2009年に発売された日本企画のLVCです。

LEVI’S® VINTAGE CLOTHING Tokyo Creatorsという企画で、
東京を拠点に活動するクリエイター数名によるLVCのカスタマイズを施したラインでした。藤原ヒロシさんもその中の一人でしたね。

クリエイター5名によるカスタムモデルがラインナップされてましたが、どれもが尖っていた記憶が。

で、このモデルはFragment designの倉石一樹氏とナンバーナインの宮下貴裕氏のお二人によるカスタマイズモデル。世界限定501本とか。

bw6a7463 th_bw6a7450

ベースはS501XX、大戦モデルってことで、ドーナツボタンやポケットのペンキステッチ、シルエットなどはそれに準じているようですけど、、、

th_bw6a7452 th_bw6a7457

よく見ると、不可思議なディティール。

th_bw6a7446

おや・・・?

th_bw6a7451

革パッチが左側、
赤タブ(Big E)も左側。

th_bw6a7454 th_bw6a7458 th_bw6a7456

ベルトループの下部に丸型のバータック。

縫製のステッチも太い番手で、オレンジと黄色の2色使い。

 

コレクションの一つとして楽しいモデルですが、カッコイイかと言えば、うーん。
私には似合わなそうなので、履くことは無いだろうなぁと。

でも、こういう試み、大好きです。ワクワクします。

Levi’sさん、またやってくれないかなぁ。

ぜひTwitterもフォローください。  

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。