デイトナブロスにCherokeeを掲載いただきました。[Daytona Bros Vol.52(2018年1月号)]

daytona-bros-vo52-1
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日、ネコパブリッシングさんの編集部で、Daytona Brosの小川編集長に取材いただきました件。

↓↓↓

meeting_with_daytona_bros

『デイトナブロス(Daytona Bros)』にインタビューして頂きました。

2017-11-16
meeting_with_daytona_bros

 

11月末に発売されたDaytona Bros vol.52(2018年1月号)にて、

 

 

掲載いただきました。

ウェブを通して見て頂いた既存の情報でも、活字で表現されると見え方も伝わり方も変わってくるから不思議です。

 

 

このDaytona Bros vol.52は、2018年度のカレンダーもついてる、お得号。

 

Daytona BROS 編集長の小川さん、この度は大変お世話になりました。

素敵な誌面にして頂き、この場を借りまして感謝申し上げます。

 

ブログ読者の皆様。

面白そうだからと、こんなちょっと変わった取り組み(個人によるジーンズプロデュース)にも興味をもって頂き、

快くページを割いて掲載いただける、フリーダムで懐の深いアメカジ雑誌『Daytona BROS』を応援いただくつもりで、カレンダー付きの今号のご購入をご検討いただけると、ハッピーです(^^)

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
daytona-bros-vo52-1

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。