『クラッチマガジン 2018年4月号』 は「読書もスタイルだよ」ってお話(CLUTCH Magazine/エイ出版)

CLUTCH MAGAZINE 2018年4月号 クラッチ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

偶数月に発売されるエイ出版のクラッチマガジン(CLUTCH Magazine)。

最新の2018年4月号(Vol.60)が発売されています。

今回の特集は「BOOK OF LIFE」と題し、業界内のクリエイター達が影響を受けた書籍を紹介。

いや、書籍の紹介というよりも、それぞれのクリエイターの読書スタイルの紹介という感じ。

詳しくは実際に誌面を直接読んでいただきたいのですが、新鮮な企画で気付きが多く、おしゃれで夢があり面白かった。

クラッチマガジン 2018年4月号

内容

CLUTCH MAGAZINE 2018年4月号 クラッチ

 

メインコンテンツはその「BOOK OF LIFE」。

ポータークラシックの吉田さんやウエアハウスのプレス藤木さんなど、私が好きなクリエイターの皆さんの愛読書やその本との出会い、またそれらをどう活用しているのか?

っていうのが大まかな内容。

彼らが本を集め、読む目的も様々。

デザインのソースとして、過去のアーカイブの資料として、夢中になった青春時代の思い出として、また思想を取り入れるバイブルのような存在として。

クリエイターの数だけ読書にもスタイルがあり、それがカルチャーであるという見せ方の誌面作りは、「あ、私も本買おう」と思わせる説得力のある内容でした。

尚、今号の誌面の中で初めて知ったのですが、4月23日は「サンジョルディの日」というスペインの伝統の日で、女性は愛する男性に教養・知性の象徴として本をプレゼントし、男性は女性に赤いバラを贈るのだとか。

愛する人の好きなモノを知り、理解し、

それにあった本を選んでプレゼントするという習慣、なんだか素敵ですね。

チョコレートとクッキーの交換よりも、よっぽど未来に対して前向きだと思う。

我が家でも早速バレンタインデーを廃止し(どうせ私はチョコ食べないから)、この「サンジョルディの日」を採用したいところであります。

レッドウイングのSPORT OXFORDの情報解禁

先日記事で紹介したレッドウイングの2018年春夏の新作『SPORT OXFORD(スポーツオックスフォード)』の情報も本誌で解禁されていました。

レッドウイングの2018年春夏の新作第2弾。クローンダイクのスポーツ・オックスフォード(RED WING)

そこではクローンダイクの着用例の写真があったけど、、、、

レッドウイング  SPORT OXFORD

予想通りのルックス。 このかっこよさ、やばい。

仕事用のスーツにはこれで決まりでしょう。

まとめ

今回に限らず毎号、CLUTCHの誌面構成は非常に凝っていて、私はとても好きです。

面白い企画の切り口に加えて、高い取材力による重厚な文章、そして美しい写真の数々が誌面を埋め尽くしているため「読んで終わり」ではなく「本棚に保管しておきたい」数少ない雑誌。

毎号「ワクワクする」という意味では、ポパイの輝かしい時代と同じ香りがします。

今回の号でも、私たちの好きな服(ヴィンテージやアーカイブ)と本の密接な関係に気づきを与えられ、無性に本が欲しくなった私。

今日の一枚

写真ーリスの追いかけっこ

野リスの朝遊び

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
CLUTCH MAGAZINE 2018年4月号 クラッチ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。