ウエアハウス Lot.1100 66モデル 色落ち

ウエアハウス 1100 66モデル
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。
aiiro denim works online store

今日は私物のウエアハウスの中でも廃盤の66モデル、

ウエアハウス Lot 1100の色落ちをご紹介します。

ウエアハウス 1100 66モデル (’99~’00年あたりのモデル)

ウエアハウス 1100 66モデル ウエアハウス 1100 66モデル

ウエアハウスが’99~’00年頃にリリースしたモデルだったかと思います。

当時のレプリカジーンズブームもひと段落し、渋カジ系の太いシルエットのXXモデルから、細身の66モデルにトレンドがシフトしていました。

ドゥニーム(DENIM)の66モデルがかなり売れていた時で、私は人と同じのが嫌だからウエアハウスの66であるLot 1100を選んだのです。

この1本は個人的に思い出深く、当時インド1周旅のお供として買ったモデル。

旅の道中に何度も水洗いを繰り返していたので、洗濯頻度はかなりの高さです。

そのためか、古着っぽい、全体的な色落ちが見られます。

緑がかかったインディゴカラーですね。

ウエアハウス 1100 66モデル

ヒゲはそこそこ。 美しいブルーのグラデーション。


ウエアハウス 1100 66モデル

ウエアハウス 1100 66モデル

パッカリング少なめのバックポケット。

ウエアハウス 1100 66モデル

当時のウエアハウスにはついていた、赤タブ「GENUS」の文字。

レーヨン製、端が丸まり、赤からピンク色に退色しているのが素敵。

ウエアハウス 1100 66モデル

紙パッチ。この頃からだったか、「W」のロゴ。

現在は廃盤になっているLot 1100。

一度復刻されたらしいですが、その際にはパッチデザインが違ったはずです。

私は革パッチの方が好きですがね、こう見ると紙パッチの雰囲気も悪くないですね。

ウエアハウス 1100 66モデル

黄色耳の生地。

当時、レプリカメーカー各社、セルビッチは「赤耳」にしていたのに、

ウエアハウスの「黄色耳」は当時は新鮮でした。

<色落ち比較> ウエアハウス1001XX

生産年数は近くても、生地・縫製が違うため、当時のウエアハウス1001XX とは色落ちがかなり違う印象です。

私物の1001XX、細部のアタリやパッカリングがはっきりした、

メリハリのある色落ちを見せています。

ウエアハウス 1001 XX

(↑私物 1001XXのバックポケット)

ウエアハウス 1100 66モデル

(↑私物 1001XXのフロントビュー)

これと比べると、今回の66モデルは「ブルージーンズ」という言葉がふさわしい、

素直な色落ちという感じです。

特にヒップポケットのパッカリングを比較するとわかりやすい。

同じブランドでも、生地・縫製でここまで色落ちが変わりますが、あとは好みの問題ですよね。

ウエアハウス、どのモデルでも安定の色落ちでした。

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ウエアハウス 1100 66モデル

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。