月刊アイイロ 2018年12月号『好きな街を、歩く時』

月刊アイイロ表紙201812
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

私は、“まち”を歩くのが大好きです。

中目黒のアメカジ・古着・カジュアル店

どの国でも、どの街でも。

大きな街でも、小さな町でも。

その“まち”ごとに、異なる色彩と時間感覚と空気感があります。

それは「個性」というほど小さい存在ではなく、そこにいる者の感性を刺激し、時にはその街の色に感性を染めてくれるような、もっと包容力のある空気。

上野 ベトナムジッポ01

例えるなら、「街」は私にとって「女性」と同じ感覚。

感覚が合う街、合わない街があり、

洋服やカルチャーに影響を受けてしまう街があり、

大した用事もないのに足が向く街がある。

オススメの店・表参道

私にとって「好きな街」とは、「好きな女性」と同じ。

好きな街を歩くことは、好きな女性に会うのと同じくらい幸せなのです。

だから、好きな街を歩く時に、大切にしていることがあります。

「何か一つ、新しい発見をする」ということ。

オススメの店・青山

「好きな街」の新しい一面を発見することは、

「好きな人」の新しい一面を発見するのと同じ。

尚更、愛しくなり、また足を運んでしまう。

そうすると、今度は街が私に、新しい感性を刺激してくれる発見を与えてくれる。

こういう、「街と自分との関わり」というのが、この歳になってくると尚更楽しくて。

オススメの店・表参道

今や何でもネットで買える時代になりましたが、それ故に、街と人との関係が昔と比べて希薄になったことは間違いありません。

だからこそ。

尚更街を楽しみたい、そんな気持ちが強くなっている今日この頃です。

オススメの店・表参道

みなさんの好きな街は、どこですか?

では、定例の月刊アイイロ2018年12月号、スタートです。

アイイロデニムワークスの1ヶ月

Indy
この1ヶ月間のアイイロデニムワークスの活動を振り返ってみたいと思います。

半袖デニムシャツの2ndサンプルが完成

denim shirt

世間は真冬の中、こんな話題で失礼します。

私の「欲しい」を追求した、夏の定番となり得るオリジナルの半袖デニムシャツ。

先日、児島にて再度打ち合わせを行いました。

岡山・児島でサンプル制作の打ち合わせ。

2018.11.05

そこで細部に渡りディテールの考察を重ねた2ndサンプルがこのほど完成しました!

早々に皆さんにお披露目したいのですが、こんな季節に半袖を見せられてもどうなの??と思い、投稿を控えていますけど(笑)

パーソナルなこと

Indy
ここでは、私インディの個人的な雑談を書き連ねます。

日本に、帰国します。

私が仕事関係のきっかけで海外に出ることになったのが、2007年。

それから5カ国ほど居住地を変えながら、かれこれ12年間の月日をアジア各国で過ごしました。

タイ・チェンマイ

流石にこの年月です。

ビジネス面でもそうですが、生活や遊びなど、海外の良い面・悪い面・希望に挫折、様々な体験をしてきました。

何より、日本の危機感を強く感じました。

日本という国が、海外でどのように見られているのか。

日本人が知っている海外のことと、実際の姿の乖離。

日本人の能力と海外の方の能力の差。

想像以上に日本人はイメージ操作=洗脳されていて、世界の本当の姿を知らない状態に置かれているんだということに気づかされたのも、良い体験でした。

光陰矢の如し。

ちょうど干支も一周したことだし。

来月から、日本に本帰国することになったのです。

今は家族みんなで引越しの準備に大忙し。

この12年の間に、日本も随分と変わりました。

自転車、歩道走っちゃだめらしい?

原チャリの路駐って怒られる?

マイナンバーって取らないとだめ?

子供が電車でうるさくしたら怒られるらしいって聞いたけど?

12年前に許されていたようなことをサラッとやると、今はNGなことが多そうで…

完全に浦島太郎状態で不安です…。

ひと月の厳選トピック

Indy
先月の記事の中から人気のあった厳選トピックです。

買い逃した魚は大きかった…コンバース ONE STAR LOAFER

コンバース アディクト 【ONE STAR LOAFER】

【記事→】即日完売!コンバース ADDICTが放つ激レアな復刻モデル【ONE STAR LOAFER】

買い逃した今となっては、後悔。。。

事前にこの復刻の貴重さを全く理解できてなかった、反省の残る一足。

コンバース・ジャパンが満を辞してAddict名義でリリースしたこのONE STAR LOAFER。

当時のルックスそのままに、ディテールを現代的にアップデートしており、完成された一足となっていました。

こういう企画ができるジャパン、これからのAddictへの期待値が大きく高まる事件でした。

クリスマスギフトの悩みはこれで解決。予算別のアメカジアイテム特集

アメカジクリスマスギフト2018

【記事→】[2018年版] 予算別!もらって喜ばれるお勧めアメカジ・クリスマスギフト

去年も人気のある記事でしたので、今年もリリース。

プレゼントに適した、アイテムを予算別に調査、ずらっと並べてみました。

この記事を書くたびに思うのは、我々が好きな「こだわりのモノづくり」のアメカジアイテムって、やっぱり「高級品」が多いなぁ、と。

長い年月使えるのでコスパは悪くないのですが、こういう予算内にアイテムを探すのって、なかなかタフな作業でした。

ウエアハウスのフラッグシップに”XX”が復活した意義

ウエアハウスの1001XX&800XX

【記事→】ウエアハウスの定番モデルに“XX”が復活!1001XX & 800XX(WAREHOUSE)

ウエアハウスをリスペクトする私としては、これは嬉しいニュース。私だけではなく、全てのウエアハウスファンの心がほっこりするニュースだったはず。

これまでのウエアハウスの実績やモノづくりの中身を考えると、「”XX”がよく似合う」。

メーカーさんとしてはマイナーチェンジ、ということでしたが、いやいや…これこそファンが望んでいた「ベストなアップデート」だと言えるでしょう。

世界最“重”デニム生地を作ってるんだって。40ozなんだって。

NAKED AND FAMOUS 40oz

出典:NAKED AND FAMOUS(https://www.nakedandfamousdenim.com/)

【記事→】ネイキッド&フェイマスが規格外のデニム生地を開発中…なんと40オンス!(NAKED & FAMOUS)

世界のデニムファンを驚かせるモノづくりを続けるNAKED & FAMOUSが、ヘビーオンスデニムのトレンド(まだ続いてる?)の流れを受けて、世界最”重”ジーンズということで40ozのデニム生地を開発していると発表。

いや、40ozって、誰が着んねん!

それ以上に、どうやって縫製するの!?

巻き縫いのところとか、4枚重ねになるわけですから、その箇所は40oz*4枚=160ozの厚みになると。。。そんな厚みを縫えるミシン、あるん!?

実物、見てみたいですね。

こんな話題を出してしまう時点で、NAKED & FAMOUSの意図通りって感じです。

次号の予定

ということで、来月から日本に、そして新居にお引越し。

この新居もいろいろありまして、半分自分で作る(DIY)ことにしました。

いろいろ新しいチャレンジが多く、私にとって楽しい日々が続きます。

アメカジ関係とは違いますが、モノづくりのこだわりという点でいうとDIY関係のネタもかなり面白いので、機会をみてシェアしたいと思っています。

師走で皆様もお忙しいことと思いますが、お体にご自愛くださいね。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

このブログの活動サポート・品質向上にご協力頂ける天使のような方は、ぜひこちらの「ほしいものリスト」から寄贈協力いただけますと、とても喜びます(^^)

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
月刊アイイロ表紙201812

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

  • インディさん、日本に来られるのですね。
    ぜひ一度お会いして色々お話してみたいです。
    私も町を歩くことは大好きで、色々な町を散策した記憶がよみがえります。
    もうすぐ2018年も終わりますが、お体に気を付けて過ごされて下さい。
    今後も興味深いコンテンツを期待しております。

    • >ヒデさん
      是非是非。私はウェルカムですので(^^)
      日本は随分と寒くなってきたと聞いていますので、ヒデさんもお体にご自愛ください。
      またコメントいただけると嬉しいです☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。