ミリタリーアイテムの研究資料【Uniforms of the US Army Ground Forces (洋書)】

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日個人的に制作した、「ミリタリーな布マスク」。

ミリタリー風でおしゃれ。経年変化も楽しめるヘリンボーン 『立体布マスク』を制作してみました。

2020-04-05

多くのお問い合わせと反響を頂きました。

その記事中に記載の通り、商品として販売する予定はありませんでした…が、

欲しいという方々のお声に少しでもお応えできればと思い、少数ですが販売を検討しています。

私自身、ファッションの小物として「こんなのあったらいいな」を形にしたものだったので、良い反応をいただけて素直に嬉しいです。

販売するからにはもっと良いものを。

…ということで、自分自身で着用しているものからフィードバックしながらディテールの再検討とパターンの調整をはじめています。

1週間以内にはご用意できるように進行しますので、ご興味ある方は今しばらくお待ちください。

ただ、現在このマスク制作のための資材の確保が非常に難しい状況でして、初回にご提供できる数量はかなりの限定数になると思いますので、その点はご了承ください。

(ガーゼとかゴム紐とか、どこ行っても全然買えない…)

さて、本日はミリタリーな書籍のお話です。

洋書なので、これを持っている人は、ミリタリーマニアな読者の皆さんと言えどもなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?

【Uniforms of the US Army Ground Forces 1939-1945 Denim & Herringbone Twill】です。

Uniforms of the US Army Ground Forces 1939-1945(書籍)

概要

『Uniforms of the US Army Ground Forces 1939-1945』(書籍)

この書籍は題名の通り、

世界大戦時のアメリカ陸軍の制服にフォーカスした資料本になります。

その数ある制服の中でも、145ページ全編にわたりデニムとヘリンボーンのプロダクトに特化しているのが特徴です。

ミリタリーというカテゴリーの中でのデニム生地とヘリンボーン生地がどう使われているか?に興味があり、その参考資料として購入した一冊でした。

2015年に発刊された、比較的新しい書籍になります。

いきなりNavyものが出てきて「陸軍とちゃうんか!?」と思わず突っ込んでしまいましたが、

中身はなかなか。

日本のアパレル雑誌では目にしないような目新しい情報が多く掲載されています。

プロダクトごとの細かいスペックの説明は当然ながら、その納入業者だったり、さらには当時の値段だったり、かなり深く細かい情報が羅列。

さすが、現地アメリカで出ている自国のアーミー雑誌と言ったところでしょうか。

しかし…

残念なことに、

肝心の写真の画素数や、その印刷のクオリティが非常に低い。

さらに、書籍全体のデザイン・レイアウトが、びっくりするほど雑!

もう、読み進めることすら嫌になる(笑)

せっかく良い情報、内容なだけに、頭に入ってこないほどでして…非常に残念。

イメージとしては、20年前の大学生が、覚えたてのWordを使って作った研究レポートのような…

そんなクオリティです。

アイテムごとに、タブなどもかなりの数が掲載されているため、ミリタリー・ヴィンテージの実物を保有するコレクターではない立場としては、とても貴重な一冊です。

それにしても、読みにくい・・・

ヴィンテージのヘリンボーンの経年変化って、デニムとは違う良さ・面白さがあります。それがこの書籍の中で様々見れた点ではとても参考になりました。

【まとめ】資料は、たくさん読むにこしたことは無い

というわけで、本日はミリタリーアイテム、その中でもデニムとヘリンボーンに特化した洋書のご紹介でした。

資料としては良いですが、、、エンタメ性は皆無。

正直、多くの方にお勧めできる内容ではありません。

写真の品質も悪く、パラパラとページをめくるだけで楽しいというものでもありませんでした。

この書籍で楽しめる人は、ほんの一握りでしょうね…

ただ、プロダクトマニアとしては、読みこむ資料は多いにこしたことはありません。

本著の中で散りばめられている些細な点のような情報でも、それらの知識が集まることで線になり、プロダクトを見る目が更に養われることで、アメカジの楽しみ方がいっそう広がっていくように感じます。

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。