「ベルボトムって、何ですか?」フルカウント [1130] BELL BOTTOM/ジーンズ

フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日、ヘアサロンに行った時のこと。

スタイリストさんのサポートをして下さった若い男性スタッフさんとの会話で、ファッションの話になり、昔のトレンドの話になり、ジーンズの話になり。

そこで、私は彼に「ベルボトムって、僕が学生の時にまた流行ったんだよ」なんて話をしたら、キョトンとされまして。

「ベルボトムって、何ですか?」

おおおおおおっ!

「ベルボトム」を知らない世代が、ここに!!!

おしゃれに全く興味が無い人では無く、私が今話している彼は、少なくともファッションや美容のことに興味がある「ヘアサロンのスタッフ」。

なるほど、このように世代間ギャップを感じることが積み上がることで、私は「おじさん」であることを実感していくのでしょうね。あぁ。

今は80年代ファッションが再評価されていますが、ベルボトムは1960~1970年代。そのうち、また流行る時も来るんでしょうね、きっと。

 

と思っていたら、フルカウントが準定番としてラインナップしているそんなベルボトムを再販。

品番は[1130]。

フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ

出典:フルカウント(http://www.fullcount-online.com/item/1130.html)

生地は定番の13.7ozデニム。

フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ

出典:フルカウント(http://www.fullcount-online.com/item/1130.html)

膝から下にかけて、広がっているシルエット(=フレア)が特徴。

その形が鈴のように見えることがベルボトムの名前の由来…と、知らない世代に教えておこう。

ただ、このフルカウントは、フレア幅が少ない方。

当時のベルボトムは、もう生地がフッサフッサと揺れるほど、広がってた。

フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ

出典:フルカウント(http://www.fullcount-online.com/item/1130.html)

ボタンフライ。

フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ

出典:フルカウント(http://www.fullcount-online.com/item/1130.html)

ヒップポケットのステッチ。

フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ

出典:フルカウント(http://www.fullcount-online.com/item/1130.html)

革パッチ。

【まとめ】ジーンズメーカーらしい準定番

フルカウントが今この時代でもベルボトムをリリースし続けることは、ジーンズメーカーとして素敵。

ジーンズ愛を感じるんですよね。

こういうモデルがあるだけで、信頼感・安心感を感じ、好感度が上がります。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
フルカウント 1130 ベルボトムジーンズ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。