『マツコの知らないアロハシャツの世界』(マツコの知らない世界/TBS)

マツコの知らないアロハシャツの世界
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

アメカジ関連のマニアックな情報が地上波で放送されることなんて、滅多にありませんが、昨日の『マツコの知らない世界』(TBS)でアロハシャツが出ていましたね。

本日はその、簡単なレビューをして見たいと思います。

『マツコの知らないアロハシャツの世界』

ナビゲーター「木内九州生氏=コナ・ベイ・ハワイ オーナー」

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

ナビゲーターはハワイでアロハショップ「コナ・ベイ・ハワイ」を経営する、木内氏が登場。

アロハの柄の種類

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

番組内では、様々な柄のパターンに関して説明されていました。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

アメカジファンであれば知っている内容が多いわけですが、テレビ向けに非常にわかりやすく丁寧な解説がされていました。詳しさを求めるのであればサンサーフのサイトが充実しているかと思います。

こうやって地上波で出ることが珍しいため、私も番組をニコニコしながら見てしまいました。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

マツコさんは和柄がお気に召したようです。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

和柄ではムサシヤのヴィンテージも出てましたね。

木内さんが静岡のヴィンテージ・アロハコレクターに会いにいく

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

木内さんが国内の有名アロハシャツコレクターに会いに行く、と言うコーナーがありました。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

で、その場所とは静岡。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

所狭しと、ヴィンテージアロハ。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

貴重なバックパネル・パターンのヴィンテージ。

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

そして、伝説の・・・と言われるヴィンテージアロハとして、この「百虎」が紹介されていました。このヴィンテージの「百虎」の価格は、新車の軽自動車1台分くらいでした(^^)

これ、たまにサンサーフが復刻で出しているので、ファンには馴染みがある柄でしょう。最近では、ダルチザンがこれをパロディにした「百豚」をリリースして話題になりました。

 

興味深かった、著作権の話

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

番組内で木内氏が語ってられて驚いたのですが、アロハの柄は、50年すぎると著作権が切れ、誰でも使って自由に復刻が出来るんだそう。

元のデザインをベースに、色がえも自由に出来るので、名作と言われる柄を使って現代風にアレンジするのは合法的にやっていいんですね。クオリティに拘らなければ、アロハブランドを立ちあげるのってそう難しくはないのか???

もちろん、サンサーフのように当時のブランド名を使ったり、それらブランド名のタグをつけるには正式な許可がいるはずです。

木内氏がオーナーを務めるコナ・ベイ・ハワイ

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

番組内のナビゲーターとなられた木内九州生さんの経営するコナ・ベイ・ハワイはハワイのアロハの有名店の一つで、オリジナルのアロハを作っておられます。

サイトはこちら。

https://www.konabayhawaii.com/

見逃した方は「TBS FREE」でも期間限定で視聴可

マツコの知らないアロハシャツの世界

出典:TBS FREE(http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html)

TBSのHP「TBS FREE」では、一部の番組は公開から一週間限定で何度でも視聴可になっており、『マツコの知らない世界』もその番組の一つ。

今回のアロハの世界がも〜2018年8月14日まで視聴可能となっていますよ。

尚、アロハの世界は同番組の30:00〜から。

【まとめ】他のアメカジカテゴリーも是非、放送して欲しい。

マツコの知らないアロハシャツの世界

今回の「アロハシャツの世界」の視聴感想ですが、「マツコの知らない世界」らしいディープでマニアックな情報は少なかったですが、木内氏の人柄・話の分かりやすさが大変印象的でした。

考えてみれば、アメカジの世界にはジーンズを中心に、非常にマニアックなものが沢山あります。

今回を皮切りに、ぜひ色々なアメカジカテゴリーの放送をして欲しいと願っています。

こちらの記事も、併せてどうぞ。

ヴィンテージアロハシャツ展

『ヴィンテージアロハシャツ展』新宿で開催中(6月3日〜25日&7月1日~17日)

2017-06-10

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
マツコの知らないアロハシャツの世界

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。