フラットヘッド(FLAT HEAD) 3005の色落ち研究 | AiiRO DENIM WORKS

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。
aiiro denim works online store

日本の自宅の近くにフラットヘッドの直営店がございまして。気がつくとフラットヘッドでお買い物することが増えてます。

今回は私物のフラットヘッド 3005の色落ちレビューです。

フラットヘッド 3005 色落ちレビュー

全体の色落ち

bw6a6780

着用4年間。500日ほど。 お洗濯は頻繁に。

bw6a6782

バックスタイル。

遠目から見ても「フラットヘッド」と言える色落ちです。濃淡の差、青味、縦落ちの長さに特徴があります。

縫製糸

bw6a6792 bw6a6790

フロントポケット、バックポケットのステッチ。

フラットヘッドの綿糸はちょっと他のブランドさんと違う印象。

コアスパンなのかな???

デニムの色落ちと対比すると、縫製糸の色がはっきりと目立っていて、

黄色に関しては「蛍光イエロー」に近い雰囲気になっています。

糸切れも全くしてないので。

 

ここは好き嫌いが分かれるところかな、と。

バックポケットのアタリ

bw6a67892 bw6a6816

バックポケットの上部、生地にダメージが見られます。

この部分、生地を高く盛り上げて縫製してあり、故に擦れ安くなってます。他のブランドではこのように縫製しているところ、してないところがあります。作り手のこだわりの一つなのでしょう。

私はこの立体感が好きですよ。

ベルトループのアタリ

bw6a6794

盛り上げて縫製しているといえば、ベルトループ。

こう見ると、綺麗な青ですね。 ただし濃い部分は今でも「黒」に近い藍色。

デニム生地の縦落ち

bw6a6788 bw6a6785

この縦落ち。これがフラットヘッドです。 糸の形がくっきり。

他の方のフラットヘッドの色落ち例を見ても、同じ傾向。この生地はフラットヘッドのアイデンティティですよね。

bw6a6798

雨のような縦落ち。

その他のディテール

bw6a6804

オレンジ・肌色っぽい耳。

bw6a6806

比較的、厚めのスレーキ。 まだ新品のよう。

bw6a6809 bw6a6808

内腿部分のチェーンステッチ。他のブランドさんよりも太い番手の糸を使用していますね。

bw6a6800 bw6a6810 bw6a6813

フラットヘッドは、生地だけでなく、ボタンやリベットなどの副資材の完成度、高いです。

bw6a6793

この鉄製のボタン。 質感がいいですよね!

bw6a6815 bw6a6817 bw6a6791

以上、フラットヘッド3005でした。

それほどヘビーオンスではないのに、履き心地としてはどっしりした重さを感じます。きっと、生地のザラ感がそう思わせるのでしょう。

比較的細め、股上浅めでタイトシルエットなので、綺麗目に履けます。私の体型が変わってしまったことにより、今はタンスにしまわれていますがね。。。

今から購入・履きこみを検討されている方、ほんのちょっと、大きめサイズを選ばれては如何でしょう。

フラットヘッドとR.J.B とのダブルネーム

bw6a6797

尚、これはR.J.B とのダブルネームのものでした。

確か、限定のファイヤーキング(コップです)がノベルティでついてきたんですよ。

まだもったいなくて使ってません。

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。