オリジナルジーンズ【Cherokee】私物穿き込み22ヶ月・洗濯60回の色落ちレポート

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

2017年11月に発売をした、アイイロデニムワークスのオリジナルジーンズ、Cherokee(チェロキー)

最近、海外からもオーダーを頂くようになりました。ありがたいことです。

本日は、その経年変化の定点観測。

22ヶ月目のレポートをお送りします。

オリジナルジーンズ【Cherokee】穿き込みレポート(22ヶ月)

色落ち・経年変化の様子

穿き込みデータ
model : Cherokee [CRK-018] by AiiRO DENIM WORKS

穿き込み日数:約500日

洗濯回数:約60回

洗濯方法:毎回ウエアハウス DENIM WASHを使用・乾燥機は不使用

基本的には毎週穿いて毎週洗濯、というペースを守ってきた、このCherokeeの穿きこみ。

色落ちが落ち着いた「円熟期」に入りました。

洗濯回数はかなり多い訳ですが、全体に色が薄くなる・・・ことなく、むしろ濃淡の差がハッキリしてきました。

腰回りのヒゲ。

濃いインディゴ染めのデニム生地だったこともあり、このヒゲが出るまで他の一般的なジーンズより時間がかかった印象があります。

比較的ゆったりサイズで穿いているので、ヒゲの角度は緩めになりましたね。

ここへきて、太ももの生地がダメージで破れてきました。

膝ではなく、なんでここが?と思ったのですが、思い返してみると娘を抱っこして歩く際に、カノジョの小さな靴がガシガシ擦れる場所でした。。。 「抱っこダメージ加工」。

深海のような深い青みのインディゴと、濃淡の差が出る縦落ちが、この生地の特徴ですね。

徹底したテストの結果、選ばせていただいたこのデニム生地でしたが、ここまで穿き込むことで、テスト段階では見れなかったそのポテンシャルを100%見ることが出来ました。

このような素晴らしい生地をご提供いただいたコレクトさんには、感謝の言葉しかございません。

退色したピスネーム。

革パッチは、印字が消えてきました。

レーヨンの織りネームは、一部崩壊開始。

前立て部。

スマイルカットのコインポケット 。

ミントケースを入れてたので、そのアタリが付いてます。

そんなこともあり、コインポケット口のステッチは早々にほつれてしまいました。

裾。

こちら、みんな大好き、耳のアタリ。

耳の折幅や縫製糸の番手までデザインしたことで、アウトシームは綺麗な「二車線」を見せています。

「経年変化をデザインする」という知恵をさらっと教えていただいた、JOURNEY FACTORYさんに感謝!

ベルトループのアタリ。

インシームのアタリ。

後ろ姿がこちらです。

膝裏のハチノスは相変わらず出ていません。

私、これまで数々穿きこみしたジーンズも、一度もハチノスが出たことないのですが、ほんと、どうやって出すの??

私の体型がなんか変なのでしょうか??

洗濯しまくるからでしょうか??

随分とくたびれた雰囲気になってきた、バックポケット。

太番手のステッチはまだ健在ですが、崩壊前夜ですね、これ。

シルバー925で製作したオリジナルのフロントボタン、トップボタンは、いまだにピカピカ。

シルバーの特性上、ほっておくと酸化して黒ずみます。そして、磨けば輝きが戻ります。

このボタンの仕様を実現する前は、物作りの本職の方々から「そんなのできっこない」とご心配を頂きました。

そんなこともあってか、今でも他にないCherokeeの特徴的なディテールになっています。ただ、これは完全に私の自己満足で終わっているようです。

ボタンがシルバーだからこのジーンズを穿いてみようって人、ほとんどいらっしゃらないので(爆)

ダメージが出てきたフロントポケット口。

ヒップの巻き縫いのチェーンがほつれてきました。綿糸なので仕方ないですね。

ここは近いうちにリペア必要な箇所。

スレーキに不滅インキでスタンプしたマークは、かすれてきてますが、まだちゃんとある。

不滅インキってすごいですねぇ。

綺麗なデニム生地です。

ビッグEと並べてみた

そもそも似せて作ってはいませんですが、色落ちの傾向がなんだか似てるなと思い、私物のヴィンテージのビッグE(左)と並べて撮影。

これからも必要に応じてリペアしながら、このビッグEくらいまで穿きこみをしたいところです。

まとめ

という訳で、22ヶ月目のCherokeeでした。

ところどころホツレが出てきたので、あとヒト夏超えるとダメージは顕著に出てきそう。

これからも引き続き、定点観測のレポートをお届けします。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。