レーヨン製の赤タブ(ピスネーム)は、洗濯方法によって丸まり方が変わるのか?

デニム色落ちテスト小物ケース
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

今日は、ジーンズの赤タブ(ピスネーム)のお話。

先日、新宿の「ジャンキースペシャル(JUNKY SPECIAL)」で開催された「ヴィンテージアロハシャツ展」に行った際のこと。↓

『ヴィンテージアロハシャツ展』新宿で開催中(6月3日〜25日&7月1日~17日)

 

このエキシビションの主催をされている方に現場で聞いた、

「レーヨンのハワイアンシャツの取り扱い」に関するお話で、興味深いものがありました。

 

レーヨンは洗濯によって縮みやすく、そしてシワが出やすい

それを防ぐためには、レーヨンのハワイアンシャツは洗濯後は日陰干しが必須であり、

オススメするのは夜中のうちに洗濯して、そのまま陽が当たる前に取り込むこと(すぐに乾くので)だ。

 

ということ。

ためになりました、感謝。

で、これを裏返して言うと、

 

レーヨンは濡らした後、太陽に当てて乾燥させると、

縮み、そしてシワになる。

ということになります。

レーヨン・・・??

ふと疑問に思いました。

私が所有しているレプリカ系ブランドのジャパンデニム。

これらについている赤タブ(ピスネーム)は、すべてレーヨン製なのですが、

ウエアハウス 1100 66モデル

そのどれもが、退色はしているものの、縮みがなく、クルっと丸まっておらず、

比較的形状を保っているのです。

あれれ?

レーヨンのピスネームって、経年変化してクルクル丸まるんじゃなかったの?

↓こんな感じで。

ピスネーム

と、以前から疑問に思ってました。

みなさんのお持ちのジーンズのタブ(ピスネーム)は、どうなんでしょう?

 

で、ハワイアンシャツの手入れの話に関連するのですが、

私のジーンズの洗濯方法は裏返しで洗って、そのままの状態で室内で吊るして干すスタイル。

=ピスネームに陽が当たらない状況で干しています。

つまり、「レーヨンが縮まない&シワにならない、理想の洗濯方法」を実践していると言うことです。

で、私のレーヨン製のピスネームは、丸まってない・・・。

これって、関係あるんでしょうか?

 

ひょっとすると、

ピスネームを丸まらせたい場合

ジーンズを洗濯後にはピスネームをガッツリ太陽の方に向けて乾かした方が良いのかも?

 

作ったピスネームのサンプルがいくつか残っているので

今度、実験してみようかな、、、って思っています。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
デニム色落ちテスト小物ケース

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。