烏城物産の綿糸の色落ちと、その経年変化カタログ。

オリジナルジーンズのデニム生地と【デニム色落ちテスト小物ケース】
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

先日は、経年変化したデニム生地を見てみましたが、

今回の小物ケースでは、烏城物産の綿糸を使って、

番手(太さ)別、そしてピッチ(運針数)別の糸の経年変化のテストも兼ねていました。

だいぶ色落ちした、、、綿糸。

元は、こんな色。

烏城物産の綿糸

黄土色、そして赤茶のレンガ色。

これが、2ヶ月でこんな色。

オリジナルジーンズのデニム生地と【デニム色落ちテスト小物ケース】

濃いインディゴと、薄くなったバナナイエロー&肌色に近いオレンジのコントラストが綺麗ですよね。

このテスト小物ケースには、

2色の綿糸で、それぞれ3種類の太さを、3種類の運針数で編み込み、

合計で18種類の縫製が見えるようにしています。

縫製糸の経年変化カタログを、自作したわけです。

そして、この18種類の経年変化の様子を元に、

オリジナルジーンズの各箇所の縫製の指示に当てはめました

この箇所は、この色の、この太さの綿糸を、この運針数で、、、

という形で。

しかし、本当に良い糸だ。烏城物産の、糸。

吸い込まれるような、色と風合いの魅力。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
オリジナルジーンズのデニム生地と【デニム色落ちテスト小物ケース】

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。