ジーンズのスレーキを飾る、「スタンプデザイン」を作る。

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

後回しにしていた、スレーキに入れるスタンプのデザイン

こちらを今日は進めます。

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

デザインのコンセプト

今回のオリジナルモデルの隠れコンセプトは、革パッチのデザインにも顔を出している

「ネイティブアメリカン」へのリスペクト

デザインのコンセプトは「ネイティブアメリカン」へのリスペクト。

そこで、

このスレーキのデザインもそのコンセプトに統一感を持たせようと思います。

イメージは、ネイティブアメリカンの女性が、

ミシンを踏んでジーンズを縫製している、という“想像上”の姿。

デザインはスレーキの大きさの制約上、MAXが10cm×10cm。

今回は外出先で作業をするため、iPadを使いました。

使用アプリは【Adobe Draw】です。

iPadでお絵描きする

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

adonitのスタイラスで描き描き。

古いiPadですし、最近話題のApple Pencilでもないので、

書き味も描画の反応も著しく悪いのですが、

それはそれで自身の画力を誤魔化せる「ヘタウマ」なアジになるので、

なんとかなりそうです、きっと。

macに取り込み、仕上げる

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

ある程度、iPadで手書きしたら、それをMacに取り込み、Adobe Illustratorで仕上げていきます。

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

デザインのメインは、私がこのプロジェクトを始めたきっかけ、そして「サードウェーブジーンズ」にかける想いを発信する「メッセージ」。

そこに、先ほどiPadで描いたイラストをはめ込み、レイアウトを調整していきます。

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

スレーキという見えない部分だし、スタンプという特性上、細かいデザインは再現できませんから、

ざっくりできたこの段階で完成とします。

イラストの細かい部分はスタンプを製作する時点で既に再現できないと思いますが、

デザインが多少潰れることも織り込み済みで今回、進めました。

経年変化予想図

ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

作ったデザインを、試しに背景を綿布にし、カスれたエフェクトをかけてみました。

完成イメージ、しやすくなりましたね。

実際のところ、不滅インキを使っての布製品への「スタンプ」では

さらにカスれがひどいことが予想されますし、

着用・洗濯を繰り返すことで印面が消えていきます。

その経年変化を狙って、の手配です。

 

なお、このスレーキに入れるデザインですが、

カスれを極力抑えるのであれば、シルクスクリーン印刷が良いです。

手間が掛からないため、コスト的にもそんなに変わらないですし、何より印刷のクオリティが安定する。

・・・でも、消えるように経年変化させたいから、今回はハンコで進めています。

 

このデータをハンコ屋さんに渡して、発注して完了です。

納期は約1週間。

さて、実際のスタンプの出来栄えやいかに??

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズのスレーキのスタンプデザイン

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。