奥深いジーンズのステッチのお話「ステッチは縦と横で雰囲気変わる」

ジーンズのステッチ
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

今日は、ジーンズの縫製の、さらに奥深いお話です。

是非、ご自身のジーンズを手に、読んでみてください。

以前も記事にした、経年変化をデザインする、というお話。

ジーンズのステッチの奥深い話

JOURNEY FACTORYでの貴重な打ち合わせ(アーティスト:重本洋介氏)

このJOURNEY FACTORYの重本さんとの出会い以降、

教えていただいた「経年変化をデザイン」するための「ステッチ」の魅力にどっぷりハマってしまっております・・・。

これまで糸の素材・番手やピッチ(運針数)に関してお話を共有させて頂きましたが、

本日はもうちょっとマニアックなお話をさせていただきます。。

縦のステッチと、横のステッチで変わる雰囲気

同じミシン、同じ縫製糸、同じピッチ(運針数)、同じデニム生地でも

「縦にステッチを走らせるか」

「横にステッチを走らせるか」

これで、表情が変わります。

ジーンズのデニム生地は、表面にインディゴ染めされた縦糸が走っていますよね。

(逆に、裏には染められていない白い横糸。)

ジーンズを正面から見て、その縦糸に沿って縦方向にミシンを走らせるのと、

横方向にミシンを走らせるのとでは、

そのステッチの、デニム表面への浮き出し加減沈みこみ加減、それに伴い

その縫製箇所が持つ「雰囲気」も変わってくるのです。

ちょっと説明が難しいのですが、

その縦ステッチと横ステッチの違いが最も分かりやすい箇所は、フロントポケット口。

ジーンズのステッチ

なぜなら、このフロントポケット口の縫製は、

同じ縫製糸を使い、同じピッチ(運針数)で、

縦から横にRを描きながらミシンが走っているので、

縦に入れたステッチと、横に入れたステッチの雰囲気の違いがわかる箇所になっています。

縦と横のステッチの見た目の違い

横に入れたステッチは、どちらかというと縫い目が目立ちにくく、糸が表面に浮いたような見え方になる傾向があります。

それに対し、縦に入れたステッチは、縫い目が生地に食い込んで、沈み込んで見えます。

是非、お手元のジーンズで確かめてみてください。

縦に入れたステッチでも、ピッチ(運針数)を大きくするとステッチが上に浮いた感じに。

横に入れるステッチでも、糸の番手を太くすると縫い目は沈みこむ傾向があります。

細い番手でも、ピッチ(運針数)を小さくすると、浮いた感じが目立たなくなります。

 

仮に黄色の縫製糸を使う場合、ステッチの浮いた感じが目立つと、

安っぽく見えるように感じます。

特に横にステッチを走らせる箇所は、

縫製糸の色、番手、ピッチの細かい配慮が必要だと思っています。

 

糸、番手、ピッチ、縫い目の方向、

それらが組み合わさって醸し出す雰囲気と色落ちの傾向。

そこまで計算し、考えていきますので。

 

ヴィンテージのレプリカに縛られず、自由な発想でジーンズを考えていくと、

やれること・こだわれることが多く、本当に楽しいです。

 

以下、関連記事です。よろしければ是非。

「経年変化をデザインする」という考え方(その1)

「経年変化をデザインする」という考え方(その2)

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズのステッチ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。