デニムシャツのボタンについて悩んだ結果…YKKが良いよねって話。

denim-shirt
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

昨年企画し、現在も発売中のオリジナルジーンズ【Cherokee(チェロキー)】では、早い段階でボタンフライはオリジナルで作る&シルバー925製で鋳造する、と決めて進めました。

そして今、じっくりと企画を進めている新しいデニムシャツでは、「スナップボタンは使わない」という点だけは確定事項。

しかし、それに代わってどのボタンを選ぶのか?に関してはまだ色々と悩み続けております。

aiiro denim shirt(デニムシャツ)

オリジナルのボタンを作らない、ということはつまり、現在市場で購入できるもの=アリモノから選ぶということになります。

その場合、実に多くの選択肢があります。

たくさんありすぎるので、どれも正解のような気もするし、どれも不正解のような気もしてきますが、色々な方法を使いながら候補となるパーツを探し出し、様々なサイズ、素材、形の選択肢を増やし、この中から「一つ」を選ぶ。

私にとって、実に楽しい作業です。

面白い素材や形状のボタンって、ヴィンテージまで含めて探せばたくさんあります。ただシャツに使うという前提であれば、「大きさ」が重要になってきて、10~12mm前後のサイズ幅で探すとなると選択肢は少々限られてきます。

夏向けのシャツとして、無難なもので言えば、尿素ボタン。

AiiRO DENIM SHIRT button ボタン

出典:MASH CO. (http://www.mash-japan.co.jp/cgi-bin/prd.cgi?itemno=95-09-1122&pg=1)

色々調べたところ、ミリタリーショップのMASHさんが、ミリタリーアイテムのリペア用としてオリジナルの尿素ボタンを多数作られていました。

その中に、N-2Aなどで使われるネイビー色の尿素ボタンがあって、当初はこれを候補の一つとしていました。

今でも気になる存在ですが、夏場に着る半袖のデニムシャツですから、見た目の軽快さというか、清涼感は大切にしたいところ。

ということで、現在はメタル製(アルミやブラス製)が第一候補です。

denim-shirt

今のサンプルに取り付けているこちらのボタンはアルミ製ですが、工場にあったストックを使わせてもらいました。ルックスは好みとは違うのですが、これで質感は十分テストできています。

夏のシャツに、アルミのボタン…すごく良いですよ。

で、問題作のこちら。

denim-shirt

こちらは、もっとヴィンテージテイストのメタル製ボタンを探し続け、ネットで見つけたもの。一目で「面白い!」と思いましたが、つけてみたらちょっと今ひとつ。

散々探して、なかなかしっくりくるのが見つからないなぁ、と思って、先日ダメもとでYKKさんのデジタルカタログを眺めていたら。

AiiRO DENIM SHIRT button ボタン

たくさん、素晴らしいメタル製のボタンの選択肢があった

…はじめにそこ確認しとけよ、って話でした。

今のところ、この中からメタル製の猫目ボタンを第一候補として検討中。

次のサンプルでは、それでいこう。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
denim-shirt

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。