革パッチの素材を、スワッチ(素材見本)の中から選ぶ。

革パッチ
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

 

オリジナルジーンズのアイデンティティの一つとなる、

パッチの制作を、今回進めていきます。

各ブランドのジーンズの後身頃につけられるパッチには通常、革製と紙製があり、1900年代初頭には一部に布製のパッチも見かけます。

とはいえ、やはり履き込んだ際の「かっこよさ」を考えると、「革パッチ」が良い。

 

ということで、UNION GARMENTの吉田さんに協力を頂きながら、

革パッチの生産工場さんからスワッチ(素材見本)を短期的にお借りしました。

デザインも決まってませんが…

今日は、どんな素材があるのか、ざっと見ていきましょう。

選択できる革パッチを見てみよう。

まず、想像以上にたくさんの種類があり、驚きました。

お借りしたスワッチ(素材見本)には、革の素材や印刷の仕方別に、理路整然とサンプルが貼り付けられています。

紙パッチやプラスチック製のパッチのサンプルなどもあり、全部で100種類は超えていました。

あまり使われることのない革素材の見本もあり、

「この革だと、履き込んだ後にはどんな表情を見せるのだろう?」と想像を張り巡らせていると、何時間も経ってしまいます。。。 (これだけで、お酒が飲める。)

全て写真に撮りきれなかったので、私が気になった素材を中心に、以下掲載してみます。

あなただったら、どれを選びますか?

牛革(表革)

革パッチ 革パッチ

牛革。多くのブランドの革パッチはこのあたりだと思います。履き込んだ後の姿も想像しやすいですけど、白や黒はレザーっぽくなく見えますね。

牛革(ヌバック)

革パッチ 革パッチ

レプ系ブランドではあまり見かけないヌバックタイプ。型押しの発色も悪くなりません。

とはいえ、他のものに比べると、若干安っぽく見える印象でした。

牛革 シュリンクタイプ

革パッチ 革パッチ

厚みが比較的ある素材群。特にナチュラルカラーのものは経年変化で大きく色味の表情が変わりそうですね。

素材の特性上か、型押しの印刷面は文字などの細かいパートが潰れがちになっています。シンプルなデザインの場合はこれでいいかと思いました。

鹿革

革パッチ

柔らかく、耐久性・耐水性もある、気にある一品。

デザインの出方も細かく、綺麗でした。

ゴート(山羊)

革パッチ

こちらも気になります。ゴートは柔らかく、耐久性もあり、手袋などにも使われる素材です。

表面にシボがあるので、印刷の細かい表現は比較的苦手と聞いていましたが、サンプルを見る限り、他のものよりも綺麗に印字できている気がします。

シープ(羊)

革パッチ

薄く、柔らかいのが特徴のシープ。全体的に印刷の再現性が弱そうです。複雑なデザインには不向きかもしれません。

 

と、まぁこれ以外にも沢山の種類があり、今回、私の方では好みで5種類くらいまで絞り込みましたが、そこから「1つ」に絞るのが大変。

どれもカッコよく見えてくる。。。

 

次回は決めた素材と、デザインに関してお話できればと思います。

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
革パッチ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。