インシームの縫い代(折幅)にこだわる。(オリジナルジーンズの縫製)

ジーンズのインシームの折幅
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

ジーンズの内股に長く走るステッチ。

よく「インシームのステッチ」と呼ばれます。

インターロックと呼ばれる縫製で縫われていることが多く、今回のオリジナルプロジェクトのジーンズでもインターロックを採用しますが、

その縫製の糸(色・番手)、そしてその運針数(ピッチ)にこだわることはもちろん、

経年変化後の姿を想像し、

その内側の縫い代(折幅)にもこだわって行きます。

 

既存のブランドさんでも、ここの設定に5mm~10mmと幅があるのです。

みなさんが履いているジーンズ、どんな感じかな〜?

 

細ければいい、太ければいい、っていうのではなく、

作り手がここに「どういう意図」を持って作っていくかということですね。

 

で、この縫い代(折幅)にこだわることで、、、

ジーンズのインシームの折幅

この内側に出てくるアタリの幅に影響を与えます

これにデニムの縮率、縫製の糸の番手や運針数が複雑に絡み合い、アタリのマダラ模様が決まってきます。

 

今回、このインシームの部分には、これに加えて「コバ」の幅もこだわります。

「コバ」っていうのは、ステッチと生地の端っこの長さのこと。

ちょっとマニアックですけど、これがまた、重要だったりするんです。

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローくださいね。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズのインシームの折幅

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。