デザインのコンセプトは「ネイティブアメリカン」へのリスペクト。

ネイティブアメリカン
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

これまで、大まかなジーンズの完成系を考えながら…

オリジナルジーンズを作る

どんなジーンズを創っていくか? その①

2016-11-26
オリジナルジーンズ

どんなジーンズを創っていくか? その②

2016-11-28

 

前回、革パッチを選ぶところまで行きましたが…

革パッチ

革パッチの素材を決めました。

2016-12-03

革パッチのデザインや、バックポケットなどのパーツ類、シルエットの微調整など、さらなる詳細を詰めていく上で、

「ただウンチクだけを集めたジーンズ」にならないように、

全体に統一感のある雰囲気を持たせるための「デザインのコンセプト」を考えていました。

そして、そのコンセプトにそって、細部を設定していきます。

デザインを決める

デザインのコンセプトのキーは「ネイティブアメリカン」

以前、こんな記事を書きました。

ジーンズ誕生の背景にある、インディアンの歴史

2016-03-11

多くのレプリカ系ジーンズブランドは、

そのデニムのルーツをアメリカの西海岸を中心とした1800年代のゴールドラッシュ・開拓時代とし、その時代を「憧れ」として、当時のものづくりを再現しようとしています。

私たちも雑誌等で、「フロンティアスピリッツ」という言葉とともに、この開拓時代を礼賛する内容を多く見ることができます。

 

一方で、私も大好きなカルチャーである、ネイティブアメリカン=インディアンは、

この開拓時代=ヨーロッパ人のアメリカ大国への侵略により、迫害され、殺され、土地から追い出された悲しい歴史を持ちます。

 

お互い立場が違えば、正義も変わる、とは言え。。。

開拓時代の文化を礼賛し、“同時に”ネイティブアメリカン=インディアン文化を礼賛する雑誌やブランドを見て、今でも大きな違和感を持つのです。

 

大きなブランドでは出来ない、個人的な趣味の活動だから出来ること。

そんなネイティブアメリカンと開拓者の歴史があったことを少しでも知っていただくきっかけなればと思い、

今回のオリジナルジーンズのデザインコンセプトでは、先住民のネイティブアメリカンと開拓者、その双方にリスペクトするデザインを落とし込んで行きます。

「ネイティブアメリカン」と「開拓者」のフレンドシップ

 

デザインコンセプトは「当時、ネイティブアメリカンと、開拓者が友好関係にあったら」という仮説の中で、

ネイティブアメリカンも一緒になってジーンズを作り、好んで履いた一本をイメージして詳細を詰めます。

ジーンズの基本形は踏襲しながらも、

ネイティブアメリカンをイメージさせるデザイン、パーツ、装飾を一部盛り込んで見たいですね。

私が好きな、ゴローズなどのネイティブ系のシルバーアクセとも相性が良いジーンズになるのでは、と思います。

 

まずは、革パッチのデザインを進めて行きますので。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ネイティブアメリカン

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。