革パッチの素材を決めました。

革パッチ
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

今回、革パッチの素材に関して、いろいろ悩みました。

革パッチ

革パッチの素材を、スワッチ(素材見本)の中から選ぶ。

2016-12-01

スワッチを眺めるのが楽しすぎて、思いのほか時間をかけてしまいました。

今回、素材を決めるにあたり、同時に進めていた印刷デザインが、革の選定に関連してくることとなりました。

その詳細もお話ししたいと思います。

牛革ではなく、ゴート・シカ革が好み

今回、スワッチを見ながら、私のイメージするものとしては牛革よりも、ゴート・シカ革でした。

革上のデザインの印刷色は別途指定できるので、スワッチの見本の印刷色に惑わされないように、慎重に革の素材を選んでいきます。

悩んだのはこの辺。

まずはシカ革。

革パッチ

表面がスムーズで、高級感を感じます。ウエアハウスなんかもこのあたりなので、馴染みありますよね。

お次はゴート(山羊)。

革パッチ

印刷色のせいもあると思いますが、高級感あり。この質感が好き。

次もゴート。

革パッチ

先ほどのゴートとは表面のシボが変わっています。

同じ革でも、表面の質感が違う・色味が違う・厚みが違う、など様々。

 

今回、スワッチを見ながら比較したとき、ゴートの持つその高級感に目を奪われました。

また、手袋等にも使われることもあり、耐久性もあります。

今回、私としてはこのゴートを使おうと思い、発注直前まで進めたのですが、

別途で進めていたデザインを「再現できない可能性が高い」との工場のお言葉でした。

ゴートでは再現できない理由

ゴートの表面を見るとシボ(シワシワしたやつ)があるのが確認できます。

これを見て、良い雰囲気・質感だと思ったのですが・・・

要は表面が荒れているわけですから、この上にデザインを印刷をする場合、細かいデザインだとカスれたり、文字なども潰れたりしてしまう可能性があるようです。

つまり、ゴートのパッチは、シンプルなデザインに適している、ということ。

「印刷面がかすれちゃっても味があって良いのでない?(そんなブランド沢山ある)」

と思ったりもしましたが、想像以上に「ダメ」な結果が怖かったので、もう一つ候補に入れていた「シカ革」を今回、選択することにします。

印刷+型押しで入れる予定のデザインが映えるように、革の表情も比較的明るい色を選択。

革パッチ 鹿革 弱防縮

シカ・鹿革はネイティブ系が好きな方にはおなじみ、メディスンバッグや、ジャケットにも使われる革であり、

耐久性・耐水性があり、かつ長年の使用により「良い雰囲気」を見せる素材ですから、長く美しく履きたいジーンズに合っています

ウエアハウス 革パッチ

私の持つ、20年前のウエアハウス1001XX。

この革パッチのように、長く、デザインを保てる素材をイメージしています。

 

次回はデザインに関して。

色々と失敗・試行錯誤がありました・・・この失敗体験もお話しします。

 

今日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
革パッチ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。