シルバー925のセンターボタンの“経年変化”(オリジナルジーンズ)

シルバー925 ボタンの経年変化
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

オリジナルジーンズ【Cherokee】の特徴の一つが、

Silver 925を用いて作ったオリジナルのセンターボタン(ネオバボタン)。

シルバー925 ボタンの経年変化

ネイティブアメリカンの、シルバーコンチョをモチーフにアレンジしたものです。

このBlogを読んでいただいている方は、その制作工程も見ていただいているかと思います。

非常に、手間も、コストもかけた、自慢の一品。

シルバージュエリーの世界なら、通常ですと1個で3,000円くらいで販売されるクラスのもの(製法・サイズ・重量)になります。

それを、今回のCherokee 1本のジーンズに、4個つけてます

シルバー925 ボタンの経年変化

履き手の所有欲を満たすには申し分ないディテールになりました。

このボタンのことばかり話すと、「Cherokee=シルバーのボタン」と言う評価になるのが嫌なので、あえて控えめにお伝えするように今でもしています。

なお、以前販売されていたウエアハウスとファーストアローズのコラボジーンズ、同じようにボタンがシルバーのモデルだったのですが、売価が60,000円でしたね。

このシルバーを使ったボタンは、手触りが独特です。

よくある鉄ボタンと比べると、

表面のキメが細やかで、つるっとして、冷たさと重量を感じます。

ボタンはジーンズを着用すると毎日触る部品だからか、この手触り感は中毒性があります。

そして、天邪鬼な性格を持っています。

シルバー925 ボタンの経年変化

こちらは、しばらく放置しておいた、シルバー925のボタン。

酸化して、表面が黒ずんでくるのです。

シルバー925 ボタンの経年変化 シルバー925 ボタンの経年変化

何も手を加えず、2ヶ月ほど放置しておくと、徐々にこんな感じになってきます。

これはこれで良い雰囲気ではありますが。

この酸化した状態から、磨けばまた輝きを取り戻します。

わざわざ磨かなくても、ジーンズを着用していると、勝手に輝いてきます。

デニム生地で自然と磨かれるからです。

一人にしてほっておけば、スネて黒ずんでしまい、

一緒にいて(着て)あげると、磨かれて美しくなる。

女性のような、子供のような、機械式時計のような、そんな存在。

シルバー925 ボタンの経年変化

私も毎日着用してますが、ボタンはピッカピカ。

一切手入れをしてないけど、ピッカピカ。

シルバー925 ボタンの経年変化

並べても、ちょっと分かりにくいですが、

着用してない左のシルバーボタン。着用している右のシルバーボタン。

デニムファンの方に、大切に末長く、楽しんで頂きたいと思います。

Cherokee[CRK-018](予約特典付き)

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterとInstagramもフォローください。

Instagram

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
シルバー925 ボタンの経年変化

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。