シルバーのトップボタン製作実現のため、パーツの構造を考える。

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

オリジナルジーンズの製作にあたり、

シルバー素材のトップボタンを作れないか、試行錯誤しております。

ジーンズのトップボタン

トップボタンをシルバー925で作れるか?

2016-11-23

私自身、シルバーの彫金の経験は趣味程度にありますが、服飾メーカーさんのようなノウハウなしで副資材(パーツ)をイチから作るなど出来るのか?

ひとつの大きなチャレンジです!

これまでの経緯を、順を追ってお話ししていきます。

シルバーのボタンを実現するためには、構造と強度が問題

「鉄ボタンと同じような型を作って、素材だけシルバーにすれば良いのでは?」

と安直に考えつつ、アリモノの鉄ボタンのサンプルを手にして見ました。

ネオバボタン、トップボタン

ぱっと見、出来そうに思うのですが、

このパーツをジーンズにセットするには特殊な機械を使い、

ネオバボタン、トップボタン

この裏の鉄部分を、針が出ているパーツで貫通させて押さえなければなりません。

シルバーをプレスして貫通させるなんて、聞いたことがない。

サンプルを見て初めてこの構造を知った時、シルバーでは出来ないと思いました。

(…普段、ボタンの取り付け方法とか気にしないですからね。)

裏のパーツは鉄のままで、表面にシルバーのプレートをロウ付けする、という手も考えましたが、鉄は溶接するものであり、銀細工に用いるロウ付けでは保持強度が出ません。

ジーンズのボタンのように負荷を日常的にかけるパーツへは不向きだと判断。

そこで、別のボタンで参考になるパーツを探して見ました。

ドーナツボタン

このドーナツボタンの構造は、一つの候補になり得ます。

ドーナツボタンの取り付けの仕組みは、底部に穴が空いていて、

その穴に特殊な機械で針の出たパーツを挟み、デニム生地と押さえるもの。

これであれば、メインのドーナツボタン部分を銀で鋳造すれば、理論上は出来るはずです。

しかし、このドーナツボタンの底の部分に開けられている穴と穴の隙間が狭いため、

鉄よりも耐久性が劣る銀の場合、使用を繰り返すと破損する懸念が頭をよぎります。

実際に着用テストして見ないと分かりませんけど。。。

色々考えを巡らし、行き着いたのがこちら。

ネオバボタン、トップボタン

私が前回のブログでもご紹介した、鉄と真鍮のコンビのアリモノのボタン。

このボタンの場合、

ネオバボタン、トップボタン

鉄のボタン部分を、上下の真鍮パーツで挟んで押させるという、シンプルな構造になっています。

使用に伴う耐久性は上下の押さえのパーツ(真鍮)に依存している構造のため、

これであれば、鉄の部分を銀で鋳造し、上下で押さえるパーツはアリモノを使うことで、

強度面が確保できるのでは、と考えました(私の想像で…)。

いかんせん、このような構造で作られたシルバーボタンのサンプルが無いため、最終的には作った上でテストして判断する必要がありますけど。

ここまで決まれば、これを製造してくれる工場を直ぐに探したい、、、ところですが、

アリモノのボタンの素材をただシルバーにするだけでは面白く無い!

AiiRI DENIM WORKSのデザインコンセプトを落とし込んで、一本のジーンズの世界観をより深く作りこみたいと思います。

↓デザインコンセプトのお話はこちら↓

ネイティブアメリカン

デザインのコンセプトは「ネイティブアメリカン」へのリスペクト。

2016-12-04

シルバーボタンのデザインを製作依頼する

ネイティブアメリカン(インディアン)へのリスペクトというデザインコンセプトですが、

ネイティブアメリカンと銀細工の関係性は深く、ジーンズが世に広がった1800年代末から1900年代は、彼らのシルバージュエリー文化が花開いた時代でもあります。

そこで、シルバー素材をボタンに使うのであれば、「ネイティブ系コンチョのデザイン」を踏襲したいと思いました。

そのイメージをデザイナーさんに伝え、デザイン作業に入ってもらいます。

デザイナーさんはここ↓を使って、依頼します。

Fiverr.com

海外のクラウドワーキングのサイト。

多くの国の人が参加しており、早くて、安い

膨大なデザイナーの中から、過去の作例を見つつ依頼したいデザイナーを選んで、コミュニケーションを取るだけ。

デザインの指示は基本、英語になります。

今回のボタンのデザインの依頼=指示書はエクセルにて、こんな感じで作りました。

〜簡易訳〜
このボタンをシルバーで作ろうとしてるんだ。

そこで、この表面のデザインを依頼したいんだよ。

 〜簡易訳〜

真ん中の部分はデザインをしなくていいんだけど、真鍮のパーツをつける形になるから、こんな太陽っぽいイメージではどうかな?

あと、周りにブランドネームも入れて欲しいな。

僕はネイティブ(インディアン)の文化が好きなので、できればこんなコンチョのイメージを落とし込んでもらいたいんだ。でも複雑なのは生産できないからダメよ。 

って感じで依頼しました。

3日ほどで、こんなデザイン、作ってくれました。

 

ジーンズのセンターボタン

ネイティブ(インディアン)カルチャーで重要な意味を持つサンマーク(太陽)をあしらい、シルバーコンチョらしい雰囲気がありながら、ブランド名も落とし込んでくれました。

シンプルで、いい。

この後、文字の大きさ、センターの穴の大きさなど、実際の製造を想定したデザイン微調整の指示を出し、完了。

ちなみに、このデザインの依頼料は5USドル

お昼のランチ代くらいですね。

 

次回は、シルバーでボタンを作ってくれる工場を探すのと、

このデザインを落とし込んで実際のボタンにするまでの工程をお話します。

ネオバボタン、トップボタン

オリジナルの鉄ボタン製作は、ロットと初期費用が問題。

2016-12-13

本日もご一読、ありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。