【Movie】中高仕様のベルトループの縫製の動画。オリジナルジーンズ『Cherokee(チェロキー)』

belt-loop00
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日、オリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)の縫製をご担当いただいているアパレルナンバさんにCherokeeの量産工程の確認のために訪問させて頂いた際に、その生産の様子をたくさん動画に撮らせて頂きました。

ちょっと編集しきれない量があるのですが、

その中から今回はベルトループの縫製のみ抜粋したショートmovieを編集てみました。

2分ほどの短い動画ですが、ベルトループの縫製を見たことが無い方も多いはず。

お時間あるときにご視聴頂ければ幸いです。

 

 

ベルトループって、いわゆるヴィンテージに見られる「中高・中盛仕様」をどのブランドさんでも今や当たり前のように採用していますが、

よーく見ると、各社微妙に縫製の仕方や厚み、ステッチ幅などが違うんです。

もちろん使っているデニム生地がそれぞれ違うので風合いは当然変わってくるのですが、

それ以外にも縫製工場ごとの縫製の癖だったり、その工場が所有するラッパと呼ばれるアタッチメントのサイズだったり、色々な要素が組み合わさって違いが生まれるのです。

そういうのも見比べたりすると面白いんですよ。

詳しい業界の方は、縫製を見れば「これはどこの工場で作っている」というのも分かるレベルなんだとか。(私はそこまで分かりません・・・)

Cherokeeのベルトループは、見た目は特徴のない「普通」の中高仕様のベルトループ。

でも中身は中心部の生地を5枚重ねにした「しっかり者」のベルトループなんです。

私自身、作っている現場を見た後、尚更気に入ってしまったディテールの一つです。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
belt-loop00

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。