茶芯ベルトのエイジング:経年変化レポート(12ヶ月)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

昨年、「理想のレザーベルト探しの旅」と題し、

オーダーメイドした茶芯染めのレザーベルト

「理想のレザーベルト探しの旅」オーダーメイドの茶芯ベルト、レビュー。

2016-11-19

着用から1年が経過しましたので、その経年変化の様子をレポートさせていただきます。

茶芯染めオーダーメイドのサドルレザーベルト 12ヶ月レビュー

外観

外観の様子。

これでは少々分かりにくいので、一度Cherokeeに装着してみましょう。

経年変化の様子

なかなかの、面構え。

ジーンズと同じで、凹凸部分が擦れることでアタリが出ています。

よくある芯染されたレザーベルトではなく、表面だけ染色された「茶芯染め」なので、アタリの変化が分かりやすいですね。

特にピンホール部分は毎日レザーにストレスがかかる部分なので、経年変化が顕著。

この部分は、Vintage Mint Caseをコインポケットから出し入れすることで付いたアタリ。

真鍮バックル

真鍮のバックルは若干の色のくすみは見られますが、味が出ているというレベルではまだありません。

もうちょっと艶が出るかと思っていたのですがね。

ジーンズを穿く時は、常に装着しています。

いつも思うのですが、レザーベルトって超コスパアイテムですよね。

 

まとめ

1年前に、経年変化が楽しい「茶芯」ベルトを目指して作った物が、想定どおりの経年変化を見せています

現時点でこの試みは成功であり、さらなる経年変化に期待したいところ

わがままなオーダーを受けていただいたStemkin Leatherさん、本当にありがとうございました。

 

とはいえ。。。

 

なんでだろう、このベルトに実は私、満足していません。

何が?と聞かれると、ちょっと困るのですが。

 

・・・というか、自分でも答えに気が付いてたりするんですけど。

 

私は以前より「5mmなどのヘビーで肉厚を売りにしたベルト」に対して概ね否定的な意見を持ってまして。

なぜならジーンズと同じで、ヘビーだから良質という訳ではないし、実際硬いベルトは腰骨が痛くなるからという理由なのですが。

そんなことを偉そうに語っていた1年半前の記事↓

【理想のレザーベルト探しの旅】欲しいベルトが、売ってない!

2016-06-17

丈夫で、伸びず、経年変化が美しければ、肉厚でなくても、ヘビーでなくても良い革ベルトはある、という持論を展開し、このオーダーメイドに至ったのですが。

そして、その希望通りのレザーを使って頂き、希望通りに仕立てられた、実に丈夫で、しなやかだけど伸びもせず、経年変化も美しいベルトなのですが。

 

…やっぱりワタシ、もうちょっと硬くて厚い革の方が好みダッタカモシレナイ・・・

(言っちゃったよオイ…)

いずれにせよ、現在の状態から更なる色の変化も気になるので、まだまだ使い込んでみたいと思います。

その結果を踏まえ、経年変化の美しい「最高の茶芯ベルト」をアップデートして作ってみたいなぁ、

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。