レザージャケット A-2のお手入れ方法(シーズンオフに向けて)

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

写真は私物のバズリクソンズのA-2(ホースハイド・ベジタブルタンニン鞣し)、購入から10年ほど経過しています。

状態が良く、10年前のプロダクトに見えない、、、でしょ?(^^)

これまで、私自身、自己流を交えてケアをしてきましたが、先日のライトニングの別冊を読んで、

「あぁ、レザージャケットの手入れは“ひとそれぞれ”でいいんだ」と理解。

すごい情報のボリューム 『エイジングオブレザージャケット』 (別冊Lightning VOL.161)

2017.02.03

レザージャケットと一言で言っても、革の種類、鞣しの種類、染色の種類が様々ありますから、ベストなケア方法は違うはずで、つまりは「これが正解」は無いのですが、

今日は私の、ホースハイドのA-2のシーズンオフに向けた手入れ方法を参考までに共有します。

『A-2』最高の経年変化を目指したお手入れ(シーズンオフの保管)

最高の経年変化を目指して

レザージャケット、特にA-2のようなフライトジャケットを購入する方は、自分の体に馴染み、色あせ、くたびれた最高の経年変化を目指すことでしょう。

そのためには、長い期間、着用する必要がありますし、

そのためには、長い期間、良いコンディションを保つ必要があります。

リブが虫食いにあったり、レザーにシミやカビが付着してしまうようでは、着用に支障が出ますからね。

今回のケアは、「長い期間、良いコンディションを維持する」ことを目的としています。

準備するもの

高いケア用品が良い、というわけでは無いかと思います。

それぞれの目的や役割を理解し、揃えましょう。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

↑馬毛ブラシ。柔らかく長い毛足のもので、埃落としに使います。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

↑豚毛ブラシ。毛足が短く、硬めのブラシで、クリームやオイルをなじませる目的で使います。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

↑美容液のような効果。浸透力の高い乳化性クリーム『M.MOWBRAY クリームナチュラーレ』。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

↑天然成分、ツヤ出しと皮革表面の保護の『ラナパー』。

A-2の手入れ 基本の流れ

主に、以下の流れで進めていきます。

工程1)ブラッシングによる埃落とし

工程2)レザークリーナーで汚れ落とし(必要に応じて)

工程3)革の内部に栄養を与える保革作業

工程4)ツヤ出し・オイルアップ

工程5)乾燥・保管

これらはホースハイドのボディ部分のケアですが、

必要に応じてリブ部分の汚れ落としや、ジッパーパーツのケアなども随時行います。

工程1)ブラッシングによる埃落とし

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

まず、柔らかく毛足の長い「馬毛ブラシ」を使い、全体の埃を確実に落とします。

この馬毛ブラシによるブラッシングは日常的に使ってあげるべき。

日々の着用後、玄関で簡単で良いので全体をブラッシングする。

それだけで、想像以上に美しさを保ちますから。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

襟部分は埃がたまりやすいので、入念に。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

肘、というよりも、腕のレザーの縫い目の間の埃もしっかり落としましょう。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

フロントのボタンのスナップを外し、フラップ裏もブラッシング。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

背面も同じように行います。

工程2)レザークリーナーで汚れ落とし(必要に応じて)

もし、レザー部分に目立つ汚れが付着していたら、レザークリーナーと呼ばれるケア商品を使い、その汚れを落とす作業を行います。

特に、肘のあたりや首の後ろなどは汚れがつきやすいので、ブラッシングの際に観察してみましょう。

今回の私のケースは汚れが殆ど無かったので、この工程は省いていますが(なんでもやればいいというものでは無いので)、

興味ある方は過去のこの記事(ジャケットではないけど)が参考になるかと思います。

【ゴローズ】レザー財布のお手入れ方法 & カビのクリーニング

2017.01.13

工程3)革の内部に栄養を与える、保革作業

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

保革は、表面を保護したりツヤを出すオイルアップとは違い、

革の内部に栄養や水分を浸透させ、革そのもののクオリティを健康に保つためのケアを意識します。

いわゆる「基礎化粧品(美容液やら乳液やら)」という位置付け、といえば分かりやすいでしょうか。

私の愛用品は『M.MOWBRAY クリームナチュラーレ』

万能、とにかく使いやすく、少量でも効果あり。

ベタづかない、香りが良い。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

多少塗りすぎても問題ないが、少量でも十分効果を発揮します。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

綺麗なタオルのような布に、クリームをつけて、全体に薄く伸ばすように塗布します。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

よく、レザーケアのクリームは「手で塗るべし!」という記事を見ることがあります。

それに関しては、私も賛同します。

というのも、レザー=肌ですから、ジャケットに限らずレザーケアは、自分の肌をケアをするように考えると非常にわかりやすいのです。

例えば顔に化粧水や乳液を塗るときに、タオルを使わないのと同じで、指で優しく、円を描くように、、、というのが良いハズ。

しかし、、、私は手がベトベト汚れるのが嫌(写真を撮りながらだったこともあり)でしたので、タオルを使用し、その点は妥協してます(^^)

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

この裾口のリブとの境目がクセもの。

なぜかこの部分のレザーが(私の場合)硬くなりやすいので念入りにケアしたいのですが、

レザーケア用品をリブにつけないように注意。

シミなどの原因になりますからね

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

腕は一番負荷がかかっている部分なので、保革グッズは比較的多めにつけてあげても良い

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

豚毛ブラシでブラッシング。

目に見えない細かい傷をレザー表面につけ、保革クリームを浸透させると言われています。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

全体にシャッシャッシャと、リズムよく。

レザーの繊維の方向(縦)に行うと良いですよ。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

ここまでで半分の工程が終了です。

保革クリーム(M.MOWBRAY クリームナチュラーレ)が革の内側まで浸透するのを待つため、

形を整えて風通しのよい場所に吊るし、一晩待ちましょう。1日目、お疲れ様でした。

工程4)ツヤ出し・オイルアップ

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

一晩置いたら、だいぶ表情が変わりました。

これが『M.MOWBRAY クリームナチュラーレ』のパワー!

手で表面を触ってみて、念のためベトついてないか確認。

さらっとしてれば、次の工程、ツヤ出し・オイルアップに進みましょう。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

この工程では色々なグッズが世に出ています。

有名どころで言えば、マスタングペーストやラナパーなど。

ここではラナパーを使っていきます。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

スポンジに少量のラナパーをなじませ、

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

とにかく、薄く塗る!

絶対に塗りすぎないことを意識すること。

シーズンオフの保管に向けて、塗りすぎはカビやシミのもと

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

ざっと全体に塗りました。

ただ、ラナパーに備え付けのスポンジだと、いまいち塗る量のコントロールができない+細かいところを塗るのが難しいので、

私の場合は布を使い、さらに全体に薄く伸ばしていきます。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

フロントポケットのキワの部分なんかも、念入りに。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

襟の部分は特に塗りすぎ注意。

革を柔らかくする効果のあるケアグッズの場合、襟の型崩れの原因になります。

あえて襟をクタッとした雰囲気にしたいのであれば、逆ですけど。

それってちょっとジジ臭くなるなぁ、というのが、私の感覚。

布で細かいところまで伸ばしたラナパーを、豚毛ブラシでブラッシングをし、馴染ませます。

工程3と同様ですね。

レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

完成です。お疲れ様でした。

工程5)乾燥・保管

ツヤ出し・オイルアップが終わっても、すぐにタンスにしまうのはNG。

風通しの良いところでまた一晩置いて、自然乾燥させましょう。

シーズンオフの保管に重要なのは、高温多湿の環境を避けることがベターですが、

湿度の高い夏場に1、2度、陰干しすることを意識できればOKです。

不織布カバーという、よくスーツなどにかけるカバーをつけておくのも効果的ですYO! 。

 

いかがでしたか?

5年、10年経って、最高の経年変化を見せるには、

その年月の間、美しいコンディションをキープしていることが前提です。

冒頭でお話ししたように、ここで紹介した方法が唯一の正解ではありません。

正しいケアの知識をベースに、あなただけのケアの方法を見つけてください。

そしてあなただけの、最高のレザージャケットのエイジングを手に入れてください。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアいただければ幸いです。

本日使ったオススメのケアグッズ

 

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
レザージャケットA-2 最高の経年変化のためのお手入れ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。