「理想のレザーベルト探しの旅」茶芯ベルトをオーダーメイド

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

先日からずっと、理想のレザーベルトを探しておりまして↓。

【理想のレザーベルト探しの旅】欲しいベルトが、売ってない!

2016-06-17

結局、欲しい「ドンピシャ」のものが見つからなかったので、既製品から探すのを諦めて、オーダーメイドで作ってもらうことにしました。

そっちの方が自分も愛着が湧き、長く大切にすると思いましたので。

〜欲しいベルトのコンセプト〜

美しいエイジング、美しいシェイプ、快適な着用感、丈夫で長持ち!

・35mm 幅(良く見かけるレザーベルトは40mmまたは30mm)
・革は厚すぎない、固すぎない、でも頑丈。
・カラーはクローンダイク(黒:茶芯)
・バックル素材はブラス、形状は長方形または楕円形
・バックルの取り付け部に金具を使わず、手縫い。

シンプルに一言で言えば、「黒のベルト欲しい」ってことなんですが(爆

“黒”と言ってもよく黒のレザーベルトにある、表も裏も黒に染色されているものではなく、表側だけ染色され、裏とコバ(横側)の部分はナチュラルタンが良いのです。

こんな感じ。

belt

 

そして今回のベルトの大きなポイント。

オーダーする結論に至ったのがカラー:クローンダイク(茶芯)のレザーベルトが既製品に無いことでした。

天神ワークスさんにイメージに近いものがあったので、悩みましたが。

茶芯・クローンダイク

「クローンダイク・茶芯」とは、レザーを茶色で一度染めた後、その上から黒の染めを施したもの。

今のようにレザーに黒の染料を染み込ませて、表も裏も真っ黒に染色する技術がなかった時代の染色工程でして、レッドウイングによりそのレザーを使用したブーツが復刻されたことで、多くのアメカジファンが知ることになりましたよね。

使用を重ねるにつれ、表面の黒の塗装が剥げ、下の茶色のレザーが出てくる。

黒と茶色のグラデーションになり、立体感のある表情を見せます。

黒一色で染められたレザーのエイジングとは全然違うのですよね。「ブーツ」「茶芯」で調べるとエイジングの写真がいろいろ出て来ますが、とにかくカッコいい

このクローンダイク・茶芯で染められた革のベルトを、企画しているオリジナルジーンズと一緒に美しくエイジングさせるのを夢見ています。

とはいえ、クローンダイク:茶芯で染められるノウハウを持ちつつ、レザーベルトのオーダーメイドを受けてくれる業者さんがなかなか見つからず、今回の工房さんに出会えるまで時間がかかりました。

ワンオフのオーダー制作ということもあり、料金は通常のレザーベルトと比べて多少高くつきそうですが、

ベルトって、ジーンズ以上に長い年月ずっと身につけるものですから、本当に良いもの・好きなものを手にしたいと思っています。

今度、オーダーしたベルトの姿を参考までに共有させていただきます。

今日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。