茶芯(クローンダイク)ベルトのエイジング:経年変化レポート(30ヶ月目)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

現在、定期レポートをしている、ジーンズの穿き込み。

オリジナルジーンズ【Cherokee】私物穿き込み23ヶ月・洗濯62回の色落ちレポート

2019-07-08

そのジーンズ以上に、着用年月を重ねてきた、レザーベルト。

ただのレザーベルトではなく。

経年変化を楽しむことを目的として、オーダーメイドで仕立てた一品。

着用開始から3年近くの年月を経て、いよいよオーラを放ち始めたこの一本。

久しぶりにレビューしてみたいと思います。

茶芯染めオーダーメイド・サドルレザーベルト 30ヶ月経年変化レビュー

このベルトって、何?

久しくこのベルトのことをトピックスにしていなかったので、改めてここでご紹介しましょう。

私の中で思い描く「理想のベルト」がなかなか既製品で見つからず…

それならいっそ、オーダーメイドしよう!ということで仕立てていただいたのが、この一本でした。

「理想のレザーベルト探しの旅」オーダーメイドの茶芯ベルト、レビュー。

2016-11-19

シンプルですが、私の「好き」が細部まで詰め込まれた一本になりまして。

それはそれは、もう頬ずりするくらい、気に入っています。

この記事でも私の意見を書かせていただきましたが、ベルトにはとことんお金をかけて良いと思っています。

↓↓↓

cost performance

良いお買い物をするために、考えておきたい【着用単価】という考え方。

2018-08-26

今度オーダーするときは、今以上の、最上級の革を選ぼ…

茶芯レザーベルトの経年変化ディテール

では、細部を見てみましょう。

こうやって平置きすると、その変化はあまり分かりにくいですが、普段、腰に巻いている形状にすると…

このように、黒の顔料の隙間から下地の茶色が顔をがっつり出してきます。

特に、普段の生活の中で最も負荷のかかるホール付近の変化が顕著ですね。

ブーツにせよ、ジャケットにせよ、そしてこのベルトにせよ。

茶芯(クローンダイク)のレザーの経年変化の魅力は「ひび割れ」に加え、顔料の黒と下地の茶の色の「コントラスト」、そしてその顔料のツヤ感と下地のマット感のコントラストが面白いのですよ。

あまり変化の見られなかった真鍮のバックルは、最近黒ずんできています。

ハードすぎず、ソフト過ぎず、実に私好みの、バランスの良い面構えです。

【まとめ】あと10年は使えそうなベルト

以上、茶芯(クローンダイク)レザーベルトの経年変化レポートでした。

茶芯の経年変化って、黒い顔料のヒビ割れと剥げです。それがいきすぎると汚らしく見えガチ。

茶芯レザーはその「いきすぎの直前が最もかっこいい」姿。

このベルトも、間も無くその一番のお楽しみの時期を迎えようとしています。

まだまだ育てる楽しさは尽きません。

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。