茶芯ベルトのエイジング:経年変化のレポート

茶芯ベルトのエイジング
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

以前、茶芯染めのベルトをオーダーメイドで作りました。

↓↓↓

「理想のレザーベルト探しの旅」オーダーメイドの茶芯ベルト、レビュー。

2016-11-19

お気に入りで、ジーンズに合わせて毎日履いてます。

茶芯(クローンダイク)といえばレッドウィングのブーツで素晴らしい経年変化を見せていますが、

それがベルトだと、どうなるのか? という興味本位で進めたこのオーダー。

現在少しずつ経年変化を見せつつあるので、その様子をご報告します。

茶芯染めのレザーベルトの経年変化。

茶芯ベルトのエイジング

とはいえ、まだ着用から数ヶ月ですから、ぱっと見では変化は分からないレベルです。

茶芯ベルトのエイジング 茶芯ベルトのエイジング

装着時に負荷がかかるピン穴付近、ここの塗装箇所に変化が見られ始めました。

茶芯ベルトのエイジング

黒いラッカー塗料の部分がひび割れ、下地の茶色の塗料が見え隠れしています。

この部分の変化で、だいたい1年後の全体の姿が想像できそうですよね。

茶芯ベルトのエイジング

横のコバや裏面は、元々のタンの色=ベージュから黒ずんできました。

デニムの色も移って入るのだろうと思います。

真鍮製のバックルの経年変化

茶芯ベルトのエイジング

ご覧の様に、今のところ特に目立った変化はありません。

よく摩擦されるピンの部分だけ、艶のあるゴールドになっています。

着用の年数が経てば、このピンの部分の様に全体のエッジに艶が出て立体感が生まれるはずですが、まだまだその域には達してないですね。


ということで、茶芯レザーベルトの経年変化のレポートでした。

これは定期的にお見せしたいですね。

ベルトって、Tシャツをインしない限り普段は服の下に隠れていますから、他人様がベルトの経年変化までガン見する機会はほとんどないでしょう。

ましてや茶芯だ、なんだのウンチクは、自己満足以外のナニモノでもありません。

しかし、「経年変化を楽しめるアイテムが一つでも増えること」は、

アメカジ好きにとっては「幸せが一つ増えること」と同意だと思います。

アメカジ好きな方は、物を長く大切にする、素敵な方。。。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
茶芯ベルトのエイジング

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。