茶芯レザーベルト、ジーンズに装着してみる。

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

先日オーダーメイドしたクローンダイク(茶芯)ベルト↓

「理想のレザーベルト探しの旅」オーダーメイドの茶芯ベルト、レビュー。

2016-11-19

手持ちの桃太郎ジーンズに装着してみました。

茶芯ベルトを桃太郎ジーンズ(銅丹モデル)に装着してみる

th_dsc05085

レザーベルト部分の黒の染めとコバ(側面)にチラリと見えるタンカラーのコンビ。

イメージ通りで、ホッとしました。。。

バックルはこのような真鍮(ブラス)も良いですし、鉄でも合いそう。

装着してみて意外だったのは、この革(サドルレザー、ベンズ、4mm厚)が意外に柔らかい。

良く鞣してあり、しなやかで、装着時も腰のストレス無し。

この点はイメージ通りだったのですが、この装着例のジーンズ、14.7oz=このozがギリギリ。

…これ以上の硬くて重いオンス(15oz以上)のデニムだと、デニム生地の硬さや重さにベルトが負け、綺麗に支えられないと思います。

私はヘビーオンスを履くことは無いので全く問題なくベストな感触ですが、

このブログを読んで、同じように工房へオーダーしたいと思っている方で、ヘビーオンスジーンズを好んで履かれる方は、ベルトのオーダー時に「革の厚さ・硬さを増し増し」するのが良いですね。

早くエイジング進まないかなぁ・・・。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。