『日本ジーンズ物語』(吉備人出版 / 2009年)

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

先日、こちらを読みました。

『日本ジーンズ物語』(吉備人出版 / 2009年)

カジュアルに読むものではない、文字中心のジーンズ本。

岡山・児島を中心とした日本のジーンズ産業の成り立ち・歴史書です。

『日本ジーンズ物語』(吉備人出版 / 2009年)

リーバイスの歴史から始まり、日本のジーンズメーカーの発祥、児島の歴史、木綿の歴史、帆布の歴史ビッグジョンの歴史、ベティスミスの歴史、生地屋のカイハラの歴史。。。

ジーンズの売上の推移や、日本のジーンズの未来とか、、、大学の講義で使いそうな本でございました。

面白く読めたのは、今をときめく藍布屋の真鍋さんの対談、キャピタル社長の平田さんの対談のところですかね。

服飾業界の方か、よっぽどのジーンズ好きでなければ読まない書籍だろうと思いました。

全然話は変わりますけど、バンコクでたま〜に、水上バスを使いますので、その様子をパチリ。

th_bw6a6303

世界で一番ひどい渋滞と言われているバンコクにおいて、渋滞知らずの水上バスですが、この乗り場まで行く方法が限られていて、ちょっと不便ではあります。

珍しいこともあってか、日本からの友達が来た時は、乗せてあげると喜んでくれます。

 

今日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。