寒いの?暑いの?どっちなの?【OSCAR DENIM別注】桃太郎ジーンズ「20ozデニムのヘビーなショートパンツ」

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

私が今仕事で滞在しているタイのバンコクでは、数年続いたセルビッチジーンズブームも落ち着きを取り戻したようです。

ここ数年は、タイのアメカジショップ『PRONT DENIM』がファッショニスタに仕掛けたことにより、made in Japanのセルビッチ&ヘビーオンス &タイトシルエットのジーンズが大流行。

アメカジ店がイベントやろうものなら、長蛇の列。

こんな常夏の国タイで21ozのスキニージーンズとか…履いた事を想像するだけでゾッとするような別注商品が飛ぶように売れてましたけど、今年、その流れもピタッとストップ。

仕方ないね、ブームってそんなものだから。

まだスキニーブーム自体は続いてますが、「ヘビー」ではなく、12oz~13oz程度の、履きやすい商品が売れているようです(特にNudie Jeans)。

そんな事もあり、最近はジャパンデニムブランドのタイ向け別注が長らく音沙汰なく、寂しく思っていたところ・・・久しぶりに出して来ました、桃太郎ジーンズ

バンコクにあるアメカジ店「OSCAR DENIM(オスカーデニム)」が別注したアイテムは、ヘビーオンスのショーツです。

OSCAR DENIM別注 桃太郎ジーンズ 20ozデニムショーツ

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

ご覧の通り、今回の別注はデニムショーツ

シルエットは比較的細めで、膝上でカットされた丈長めのショーツですね。

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

使われているのはジンバブエコットンの20ozデニム。

桃太郎がこんなヘビーを扱うのは珍しい。

ってか、ショーツでヘビーオンスって、どうなのかね??

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2 Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

出陣ラインは青の桃太郎家紋プリント。

それに赤のピスネームのディテールが採用されています。

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

ちょっと見難いですけど、革パッチはこの別注オリジナルのデザインになっており、おなじみの桃太郎が戦闘機に乗ってタイと日本の国旗を持っているもの。

なぜかこのモデルの名前が「US.AIR FORCE」と名付けられてましたが・・・

US要素が一切ないのはご愛嬌ですかね。

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

ウォバッシュのスレーキが採用されてます。

まとめ

Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

「ヘビーオンス」の「ショーツ」。。。うーん。どうなんでしょう。

ここまでヘビーだと、見た目にも「重さ」が出ちゃいますよね。

ショーツの「軽さ、カジュアルさ」がコーディネートに活かせないというか・・・、使い方が難しいアイテムだと思いました。

そんな感じですから、経年変化するまで履きこむのも難しいだろう、と。

ショーツだったら、10〜12oz程度の生地を使って、着まわしのしやすいシルエットで別注出して欲しいなぁ。

【海外限定】OSCAR DENIM 別注の桃太郎ジーンズ 2016年版

2016-10-17

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Oscar Denim別注 桃太郎ジーンズショートパンツ H0205OD-2

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。