「アジアのテキスタイルは実に面白い。」ということでチェンマイ・カレン族の村を訪れたけど。

タイ・チェンマイ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

モノづくりフェチの私。

今私が興味を惹かれているのがテキスタイル(生地)。

特に、アジアの伝統的な手作りのテキスタイルの歴史と、そのデザインセンスに驚きと感銘を受けている今日この頃。

最近手に入れたこの本が、まぁすごくって。

Lao-Tai Textiles(テキスタイル書籍)

この書籍の詳細に関してはまた後日、お伝えしますが、

知れば知るほど、アジアのテキスタイルはネイティブアメリカンの織物(ラグなど)にも通じる深みがあり、人類が潜在的に持つ「モノづくり」の才能をそのまま映し出す芸術品であることがわかります。

で、先日まで仕事でタイの第二の都市、チェンマイに行ってました。

チェンマイって、タイの中でもテキスタイルが有名な街。

3年ぶりのチェンマイでしたが、随分と進化してた。

タイ・チェンマイ

今、私が一番住みたい街、チェンマイ。

ここはロングステイするには、今や世界一の場所かも知れません。

タイ・チェンマイ

仕事の合間に、お寺を巡ったり、古物商の店を回ったり、自分の好きな時間を過ごす。

そんな中、ちょっと遠出をして、とある部族の村へのツアーに参加。

タイ・チェンマイ

カレン族という、数多くあるタイの部族のうちの一つの村。

カレン・シルバーという銀細工で有名な部族だったりするんですが、私が連れて行かれた先は観光地化された村。

村全体が、完全な見世物小屋化&おみやげ屋さん化してる。

タイ・チェンマイ

私が来たかったのは、観光向けに作られた場所ではないのですが・・・調査不足でこんなところに来ちゃった。

とはいえ、興味深いのは、どの家の軒先でも手織りで生地を作っていたこと。

おお、やっぱりチェンマイだからか。

あ、ちなみにこの村、いわゆる「首長族」の村です。

タイ・チェンマイ

家の軒先で、首長族の方々が実際に機織りしてます。

水道管の切れ端を使った、手作りの器具で。。。

「みんな、私のこと(長い首)を写真撮るのに、あなたは何故私の手仕事を見てるの?」と言われてしまいました。

私はスミマセン…あなたの首には興味がないのです。その手仕事(機織り)の様子を見たいの。

シンプルな織り方ながら、器用に模様を入れていく様子を見るのは楽しかったですが、そこまでの職人的なスペシャル感はありませんでした。

今度は違うところも見に行きたいなぁ。

同じチェンマイで、伝統的なテキスタイル製作体験を数日間の合宿形式でできる場所もあるそうです。(→STUDIO MAENNA

インディゴ染め、織り、刺繍など、テキスタイルのことすべてを、自然の中で教わるワークショップ。

仕事の休みががっつり取れれば、これに是非参加したいなぁ。

タイ・チェンマイ

古物商で見かける様々な部族のアンティークの手作りテキスタイルに触れ、心揺さぶられる日々。

それを見て、魅力的なモノづくりってなんだろうか?

とよく考えます。

 

印象に残るモノづくりって、手紙を書く作業に似ているような気がします。

書いた(作った)本人は、そこそこの期間が過ぎれば忘れちゃうけど、

もらった本人はいつまでも覚えてる…そんな感じ。

 

知らない人からもらう手紙は印象に残らないけど、

知っている人からもらう手紙は記憶に残る…そんな感じ。

 

つまり、どういう形のモノづくりであれ、

相互の顔(作り手・貰い手)が見えた状態でのモノづくり、というのが「究極」なのかも知れません。

 

テキスタイル製作でそういう状況が発生することはほぼありませんが、それでもアジアの伝統的な手作りのテキスタイルには、そういう「相手への気持ち」が乗っかった純朴な作品が実に多く、それが私を魅了するのです。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
タイ・チェンマイ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。