リーバイス、昔は「抜き型」を使ってデニム生地を裁断をしていた?

ザ・ジーンズ (ワールド・ムック 889)ワールドフォトプレス
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

 

先日、実家で過去のデニム関係の書籍をパラパラと眺めてました。

こちらは2011年にワールドフォトプレス社から出た、『ザ・ジーンズ』。

ザ・ジーンズ (ワールド・ムック 889)ワールドフォトプレス

293ページというボリュームに、ヴィンテージの資料が充実。ぼんやり眺めてても楽しめる一冊。ヴィンテージデニム好きなら、マストバイ。

 

 

その中に、サンフランシスコのリーバイス本社にある博物館に展示されている、実際に昔の工場で使われていた設備のページがあり。

この道具のページが目に止まりました。1900年代に使われていた道具、とのこと。

ザ・ジーンズ (ワールド・ムック 889)ワールドフォトプレス

この緑のホームベース型の塊。

これ、資料によりますとヒップポケットの「抜き型」らしいのです。

これをデニム生地の上に置き、その上の写真のハンマーでガンガン打ちつけ、裁断していたと思われます。

今、デニム工場ではデニム生地を何枚も重ねて、電鋸でまとめて裁断される工程になっていますが、考えてみれば昔はそんな電鋸のような設備なんてなかったでしょう。

じゃあ、どうやって裁断してたのか?

私は想像で、ハサミでチョキチョキ切ってたのだろうと思ってましたので、この「抜き型」を改めて見た時、ちょっとびっくりしました。

 

「抜き型」と聞くと、今なら革をカットするための道具を思い浮かべます。

抜き型

こういう鉄の枠を革の上に置き、プレス機でプレスしてレザーをまとめてカットするもの。

これがデニム生地に使われていたということも意外でした。

 

当時のリーバイスの工場ではきっと、裁断のためにこの「抜き型」をハンマーで叩く音が、工場に響き渡っていたに違い有りません。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ザ・ジーンズ (ワールド・ムック 889)ワールドフォトプレス

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。