リペア&リメイク工房の『hands-on(ハンズオン)』による、オリジナルジーンズ第4弾に採用された「新しい試み」とは?

hands-on S66TP
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

岡山にある、ジーンズのリペア&リメイク工房の『hands-on(ハンズオン)』

その工房の代表が、ヴィンテージを始めとする様々なジーンズを、時にはリペアで再生し、時にはリメイクとして高い縫製技術でアートな別作品を作り上げる、デニム職人の山口さん

hands-on

出典:hands-on(http://www.hands-on-jeans.com/abtwts.html)

ヴィンテージジーンズ好きが興じて、毎日ジーンズに触れることを仕事にした、生粋のデニムマンです。

このhands-onの山口さんを知ったのは、皆さんご存知のアメカジブログの雄、denimbaさんの記事の中でのご紹介から。

それまで「リメイク」の世界に全く無関心だったのですが、知れば「技術」と「センス」が支配する職人の世界であり、デニムの別角度からの楽しみ方に気づかせて頂きました。

このhands-onさんはリペア&リメイクだけでなく、ご自身で『hands-on』名義のオリジナルジーンズもこれまで何度か仕立てられてまして、その『hands-on』名義の第3弾である501XX・1902年モデルの制作日記の面白さに惹かれたことをきっかけに、今でもずっとブログを拝見しています。

hands-on

とにかく、その専門性に溢れた日記の内容が私にとって大変面白く、普段雑誌でも見かけないような物作りのコダワリが「見える化」されたその記事の内容に夢中になりました。

そして何を隠そう、先日の『8DC-46SP』の監修になって頂いたヴィンテージコレクター・角井聡氏を知ったのは、そのhands-onの501XX・1902年モデルの制作日記がきっかけでした。

大阪のヴィンテージジーンズショップ「JUKE BOX」

JUKE BOXの角井さん

hands-onさんは、マニアックなウンチクも素人相手にわかりやすくご説明されるのがお上手。いつも勉強させて頂いております。

このブログの今の活動も紐解いていけば、denimbaさんがいて、hands-onさんがいたことがきっかけになっています。ご両名、勝手に師匠と思っております(笑)

さて。

そんな貴重な学びをいつも与えてくれるhands-onさんですが、このほど『hands-on』名義のオリジナルジーンズ第4弾を作られて、現在予約受付中になっています。

その名は、【S66】と【S66TP】

hands-on

出典:hands-on(http://www.hands-on-jeans.com/orgn3.html)

これまでのhands-onオリジナルジーンズの方向性であったヴィンテージ501XXのアーカイブの再現から打って変わって、「大戦モデルのディテールをベースに66シルエットにアレンジ」したモデルとなっており、そのほかの細部もhands-onさんらしいコダワリがいくつも採用されています。

hands-on S66TP

出典:hands-on(http://hands-on-jeans.com/nikki/2018/04/29/3706)

細かいディテールに関しましては、hands-onさんのページに詳しく掲載せれてますのでそちらをご覧ください。

で、このオリジナルジーンズの最も面白いところが、販売時から「テーパード加工」のオプションをつけていること。

「テーパードモデル」ではなく、購入したそのジーンズをそのまま「テーパード加工」するっていう、リメイクのアプローチを取り入れているんです。「リペア・リメイク工房」だからこそ出来る、面白い提案ですよね。

今時な細身テーパードにアレンジされた大戦モデル…おもしろい!

リペア・リメイクで2ヶ月待ちと言う超多忙な職人のhands-on 山口さん。どんなヴィンテージが人気なのか、どんなリメイク要望が人気なのか、と言うのを知り尽くし、そのフィードバックから生まれた新しい試みのオリジナルジーンズ。

なかなか尖ってます(^^)

ディテールや経緯を含めた制作日記やはり面白いので、まだご覧いただいてない方は一度読んでいただくのをおすすめします。

この日記以外でも、実験的な試みや最新情報がFacebookなどでも確認できますよ。

(※追伸)hands-onさんのブログにて、このFacebookでもポストされてたオリジナルの鉄製リベットの日記が更新されてました。

 

膨大な数のジーンズを見て触って直してきた山口さんによる、新作のオリジナルジーンズ。

予約締め切りは2018年7月1日

hands-onさんの本業のリメイクに関してご興味ある方は、膨大なリメイク作品のアーカイブページがあるので、こちらをご参考に。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
hands-on S66TP

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。