リーバイス、47年ぶりに赤タブの【ビッグE】を正式に復活(Levi’s)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

2018年の秋冬から、リーバイスはそのブランドの重要なアイデンティティの一つである赤タブ(ピスネーム)の表記を、これまでの「Levi’s®」から「LEVI’S®」へ変更となりました。

つまり、正式にビッグEの赤タブが復活したという事になります。

levi's factory

1936年から始まった、リーバイスの赤タブのディテール。

当時は「LEVI’S®」、通称ビッグE。そして1971年からは「Levi’s®」の通称スモールeになっていました。実に47年ぶりのビッグE復活。

率直な私の感想ですが…「なぜ、今のタイミング!?」。この手の変化は嫌いではありませんが…。

そもそも、これまでもLVCの復刻ラインでは、ビッグEは採用されてきました。

Levi’s LVC 501XX 1947

Levi’s LVC 501XX 1947

つまり、「ビッグE」を現行で買う方法はあった訳ですから、現行品全てをビッグEにするということでは誰も購買のモチベーションは上がらないと思われます。

 

であれば、他にどんな理由が??

 

ひょっとすると、スモールeをレア化させる目論見かも知れません。

80年代スタイルが流行している今、若者たちがスモールeの古着のジーンズを求めるトレンドを作ろうとしているとか…?

そう考えると、ちょっと納得はできるかな。今しか出来ないタイミングだし。

 

現在、リーバイスは【made in USA】のモデルを継続的にラインナップしています。

私的には、そのmade in USAのモデルだけを「ビッグE」のタブにし、made in USAのブランディングと差別化に使った方が長い目で見ると価値があったのではと思ったりしますが、皆さんは今回のニュース、どうお考えでしょうか?

 

真面目な話、最後のCONE DENIMを使ってるmade in USAのスモールeの【501】や【511】は、将来価値が出るかも知れませんね。

これとか↓

 

実際に、セルビッチのCONE DENIMを使ってるmade in USAのスモールeの【501】は、既にほぼ完売。

 

関連記事として、こちらもどうぞ。

LEVI'S VINTAGE CLOTHING (リーバイス LVC)“1947” 501をレビュー

2016.11.12

リーバイス®が全行程をアメリカ国内で作り上げる『MADE IN THE USA』シリーズとは??

2017.11.23

リーバイスから新たな『Made in USA』コレクション登場。最後のコーンデニムとなるか?(Levi's)

2018.02.02

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。