リーバイス®が全行程をアメリカ国内で作り上げる『MADE IN THE USA』シリーズとは??

リーバイス®「MADE IN THE USA」
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日、ジーンズショップのライトオンのプレスリリースにて、以下の文言がありました。

ライトオンは、11月27日(月)より、全国のRight-onにて、リーバイス®『MADE IN THE USA』コレクションの先行販売をスタートいたします。

これを読んで、ちょっと目を疑いました。

数年前のネットニュースでも読んでいるのかな?・・・と。

なぜなら、今でもリーバイスには「MADE IN USA」って、ありますから。

 

アメリカ国内生産の『MADE IN THE USA』コレクション

概要

リーバイス®「MADE IN THE USA」

出典:https://right-on.co.jp/news/product/1121-3.php

以下、ライトオンのプレスリリースから抜粋。

MADE IN THE USAについて
「MADE IN THE USA」コレクションは、老舗デニム生地メーカーのコーンミルズ®社のホワイトオーク工場で作られたプレミアムな生地を使用し、テキサス州エルパソにて職人の技術によって縫製され、全ての工程をアメリカ国内で創り上げたプレミアムジーンズです。
現在、リーバイス®では、501®のリジット(未洗い)商品を「MADE IN THE USA」として展開しており、今回、Right-onにて、新たに加工を施した501®や511™を含めた全6型(501®、501®セルビッジ、511™セルビッジ)を展開します。

なるほど、リーバイスが『MADE IN THE USA』のラインナップを増やす、と。

その追加ラインナップの先行販売をライトオンでする、ということ??

 

プレスリリースの説明文言がややこしいだけか・・・と思いきや、

展開内容も、ちょっとややこしかったりする。

なぜなら、リーバイスの現行の「MADE IN THE USA」は『LVC』カテゴリーですが、

一方、今回の「追加」と呼ばれるものは「レギュラーカテゴリー」となるからです。

 

今回の商品展開

リーバイス®「MADE IN THE USA」

出典:https://right-on.co.jp/news/product/1121-3.php

ライトオンのプレスリリースによると、今回の追加は、全6型(501®の加工有り・無し、501®セルビッジの加工有り・無し、511™セルビッジの加工有り・無し)とのことです。

この品番【00501~】というのは現行のレギュラー501につけられる品番なので、LVCカテゴリーではありません

プレスリリースでこの辺りを混ぜて伝えてしまってるので我々は混乱してしまいますが・・・。

要は、今私たちが知っているリーバイスのLVCのラインとは別の、新しい「MADE IN THE USA」であると考えた方がわかりやすいでしょうね。

一言でいえば、現行の501をアメリカ生産したシリーズ、という形で考えるのが良いかと

うん、これは非常に面白い。

 

そして、その新しい「MADE IN THE USA」の中でも一番の注目は501®セルビッジの加工「無し」であることは間違い無いでしょう。

上記モデルの販売価格は16,000円(税別)

・・・これは、魅力的

 

リーバイスの現行の「MADE IN USA」とは。

 リーバイス®「MADE IN THE USA」

おさらいですが、プレスリリースにも書かれている通り、リーバイスは現行でも(「LVC」のラインで)「MADE IN USA」をやっています。

コンセプトはリーバイス(自社)のビンテージモデルの完全再現で、コーンミルズ・ホワイトオークのデニム生地を使い、副資材(ボタンや縫製糸、パッチなど)も当時を再現する特別版であるとは言え、、、それらの価格は30,000円オーバーの、プレミアムなライン。

これに比べて、今回の16,000円(税別)という価格は、なんと良心的なのでしょうか。

 

「モデルやシリーズの展開がバラバラで、わかりにくいよ!」・・・と文句をつけたい気持ちがありましたが、この値段で出されたら、思わず微笑んでしまいます。

 

色々と邪推してみる。

上場企業って、決算が近くなると部署やチームごとにの目標の達成のために単純に「売り上げを作るため」の商品が企画されることは往々にしてあります。

リーバイス・ジャパンも上場企業ですが、確か決算っこの11月末なんですよね。

このタイミングで先行という形で最大手のライトオンに独占的に取り扱ってもらうことになったのは、ひょっとすると年度末の売り上げ調整という事情があるかもしれません。

または年内に閉鎖されるコーンミルズ工場にあったデニム生地の在庫の処理を頼まれて、それを使うことを前提に企画された商品、なのかもしれません。

でも…そんなことはどうでも良く、一言でいうと「購入して損の無い」一品でしょう

 

まとめ

惜しまれつつも、ホワイトオーク工場は今年で閉鎖されます。↓↓

コーンミルズ社のホワイトオーク工場 閉鎖について(コーンデニム・WHITE OAK)

2017.10.19

どのような事情があるにせよ、この現行501の「USA生産モデル」は貴重な品番に違いありません。

ジーンズの起源である「リーバイス」が、黄金期を作り上げた「コーンミルズのデニム生地」を使って「アメリカ国内で生産する」ことの説得力は、すごいものがある。

他のジーンズブランド、特にクオリティの高い日本のデニムメーカーがどんなにお金をかけて素晴らしい物作りをしても、絶対に真似できない「背景」と「説得力」がこの商品にはあります。

↓そんなことを語った、過去の記事↓

Levi’s vintage clothing

2016.03.09

 

価格も良心的なので、購入して損は無いでしょう。

というか、かなり売れるでしょうね。これ。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
リーバイス®「MADE IN THE USA」

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。