コーンミルズ社のホワイトオーク工場 閉鎖について(コーンデニム・WHITE OAK)

white oak工場閉鎖
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

なかなかのビッグニュースです。

コーンミルズを運営するインターナショナル・テキスタイル・グループが、2017年12月31日にノースカロライナ州グリーンズボロのコーン・ミルズ・ホワイトオーク工場の操業を中止すると発表しました。

デニム好きなら必ず耳にするコーンデニムは、コーンミルズ社が製造したデニム生地のことで、そのコーンミルズ社の中でも有名なこのホワイトオーク工場は1905年に設立。

実に110年以上の歴史がありました。

我々が目にしてきた、素晴らしい色落ちを見せている「ヴィンテージ・リーバイス」と呼ばれる数々のジーンズは、このコーンデニム・ホワイトオーク工場のデニム生地を使っています。

ホワイトオーク工場で織られたデニム生地は、「WHITE OAK」としてブランド化されていて、今でも使われています。

ホワイトオークの歴史はリーバイスの歴史であり、それはつまりジーンズの歴史。

その工場が、ついに閉鎖。 巨星、落つ。

アメリカ国内の製造業の復権を掲げたドナルド・トランプ大統領になり、made in USAのジーンズがこれから華開くのでは??

・・・と個人的に期待してた矢先に、このニュース。

whiteoak

WHITE OAKはリーバイスだけでなく、いろいろなブランドが使っていたりしますが(最近ではヒノヤさんの商品でも使われてたりします)、

ヒストリー的なところも加味すると、Levis Vintage Clothing(LVC)のWHITE OAKを使ったシリーズはこれから希少価値が高くなることが予想されます。

LVCはそのコンセプトから、「コーンデニムを使い」「縫製がmade in USA」であることで、価値が最大化されるもの。

「コーンデニム」がなくなれば、LVCのラインナップの再定義だけでなく、カテゴリーの存在意義まで再考が求められるかも知れませんね。

すでに公式オンラインショップではサイズ欠け

気になっていた方は、お急ぎください。

以前のLVC 501 1947modelのレビュー記事がありますので、お時間あるときにご参考ください。

↓↓↓

LEVI’S VINTAGE CLOTHING (リーバイス LVC)“1947” 501をレビュー

 

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
white oak工場閉鎖

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

    • コメント、ありがとうございます☆
      コーンデニムは有名ではありますが、おっしゃる通り「歴史上、有名」というだけで、「現在、クオリティが高くて有名」って訳ではありませんよね・・・。
      実際に、ラングラーの動画(https://youtu.be/kua1LYxIG98)に出てくる閉鎖直前のホワイトオーク工場の実際の映像を見ると、シャトル機は使ってますが、無人でシステム化された大量生産のプラントです。これなら「カイハラと変わらない」っていうのが私の感想ではあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。