Levi’s vintage clothing

スポンサードリンク

LVCが好きになりました。

 

ジーンズといえばLevi’s。

そのLevi’s 本家の復刻:アーカイブコレクションが

Levi’s vintage clothing (LVC)。

 

ちょっと前までは、

とっても残念な出来のコレクションでした。

 

というか、

日本のレプリカジーンズメーカーが

病的なまでにこだわりを持って

過去のアーカイブ(主にLevi’sを模した)を研究し

それを反映した商品を販売したことが大きいでしょう。

 

また、そのレプリカジーンズメーカーの細部のこだわりのウンチクを

雑誌を通じて教育されてしまった我々消費者のおかげで

 

品質の良ろしくない本家のアーカイブコレクションという

レッテルを貼られていました(私が勝手に)。

 

そんなLVC。

2009年から2012年(または11年か)の3〜4年間、

 

Levi’s XX というLevi’s 内の独立部署にて

元RRLのMaurizio Donadi 氏がLVCのプロデュースを担当したそうです。

levis_vintage_99-thumb-440x700-31990

RRLのジーンズ、雰囲気あって、かっこいいですよね。

ディティールを見れば、あれはジーンズを分かっているブランドだと

容易に想像がつきます。

 

で、彼は今はLevi’sを離れちゃってますが、

氏が就任した前後で

コレクションの方向性と品質が大きく変わりましたね。

 

私インディーも

最近、このLVCの501XX、1947年モデルを購入しましたが、

将来の「ヴィンテージ」になり得る一品だと思います。

 

main_img

(LVC 501XX 1947 model)

1947年モデルだけでなく、

他の年代のLVCモデルも

生地、縫製、副資材(鉄ボタンとか)がそれぞれ細かく違うのです。

 

これまでの、ただ「見かけ形だけ似せてみました」というレベルではなく、

本家だからこその、

当時のディティールを再現しようというメーカーの意地が見えます。

 

1890年モデルとかもね、

後身の縫製とかしっかりこだわりが見えました。

 

こんなモデルはそうそう売れない・買わない。

とにかくダサいですから!(笑

120年以上前の労働着の復刻ですからね。

 

でも、それを本家が復刻し、

ラインナップしていることには価値があるし、

そういうのはどんどんやってもらいたいですね。

(1890年モデルは現在は販売していない模様)

 

最近では

>米国製

>コーンミルズデニム

という、最強ディティールも備えたLVC。

 

こうなると、

色落ちの良さは二の次に思えてしまいます。

 

本家の強み、わかっているなーと。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。